遠藤酒造場「造り酒屋の甘酒」で腸内環境を整えよう!

麹で作られた「造り酒屋の甘酒」の効果とは?

>>造り酒屋の甘酒をホームページで見てみる

 

最近テレビでよく話題になる「腸内環境」というキーワード。

 

実は甘酒にも腸内環境を改善できる働きがあるのをご存知ですか?

 

今回はそんな甘酒の効果と、通販で買えるおすすめの甘酒をご紹介させていただきます。

 

甘酒のすごい効果・効能とは

まずは甘酒を摂取することで体感できる効果・効能をご紹介いたします。

 

美白・美肌効果

甘酒には多くのビタミンB群が入っています。

 

このビタミンB群が体内の糖質や脂質、タンパク質を代謝して皮膚や粘膜などの細胞を活性化してくれます。

 

また、今回紹介する麹で作るタイプの甘酒であれば「コウジ酸」がたっぷりと含まれています。

 

このコウジ酸はメラニンを抑制して、しみやソバカスを抑えてくれる効果があります。

 

極めつけに、甘酒には体内で生成できない「必須アミノ酸」も含まれていますので、肌の乾燥を抑えてくれます。

 

便秘解消効果

甘酒には「オリゴ糖」や「水溶性食物繊維」が含まれています。

 

これによって、腸内の善玉菌が増えることにつながり、結果腸内環境が改善します。

 

腸内は悪玉菌と善玉菌以外に、日和見菌という菌が多くいます。

 

この日和見菌は悪玉菌が増えるとその手伝いを、善玉菌が増えるとその手伝いをするという菌です。

 

よって善玉菌を常に優勢にしておくことが腸内にとって最適といえます。

 

甘酒はこの手伝いをしてくれます。

 

髪を美しくする効果

甘酒に含まれる「ビオチン」というビタミンは、タンパク質の生成に必要な栄養といわれています。

 

このビオチンを摂取することで、髪を美しくするとともに頭皮の状態を理想の状態にキープできるといわれています。

 

以上のように身体に良い効果がたくさんある甘酒ですが、実は2つの種類があるというのをご存知ですか?

 

米麹と酒粕で作る甘酒の違いとは

米麹と酒粕で作る甘酒を比較してみました。

 

 

酒粕

米麹

アルコール成分

カロリー

高い

低い

甘み

砂糖でつける

米と米麹の甘み

 

以上のように、酒粕と米麹とで大きな違いがあります。

 

もし妊婦さんやお子さんが飲まれる際は、アルコール成分がなく、砂糖も使っていない「米麹」の甘酒をオススメいたします。

 

通販で買うなら、造り酒屋の甘酒がおすすめ

今回実際に飲んでみて、おすすめできる!と思ったのは遠藤酒造場が作っている「造り酒屋の甘酒」です。

 

 

こちらの甘酒は2016年8月時点で累計400,000本も売れている甘酒です。

 

また「クリスタル味覚賞」という賞も受賞しています。

 

この賞は審査員であるシェフとソムリエが3年連続で三ツ星評価を与えないともらえない賞です。

 

つまり、世界に味を認められた酒蔵で作られた甘酒だといえます。

 

造り酒屋の甘酒を飲んでみた

こちらは「造り酒屋の甘酒」です。

 

書かれているように「無砂糖・無添加」ですので、お子さんでも安心して飲むことが出来ます。

 

 

今回始めて米麹で作られた甘酒を飲んでみました。

 

酒粕の甘酒は比較的サラサラとしているイメージですが、この造り酒屋の甘酒はそれとは違いました。

 

 

コップに注ぐとドロッとしたお米の形がまだ残っている甘酒が出てきました。

 

また味もしっかりとお米の味がしており、甘みはしっかりとあるのですがベタベタとした砂糖の甘さとはまた違う甘さです。

 

以上トータルして、正直に言って酒粕の甘酒よりも美味しい!と感じました。

 

アルコール成分も一切入ってないですし、お子さんの離乳食やお母さんの肌荒れ対策にも一役買ってくれると思います!

 

興味のある方はぜひホームページを見てみて下さい。

 

>>造り酒屋の甘酒をホームページで見てみる

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい