生理後の下痢や便秘の原因・解消法とその後の対策まとめ

生理後も女性の身体は安定しておらず、「下痢でトイレから離れられない」「便秘による腹痛が酷い」などお腹のトラブルが引き起こされやすくなります。

 

以下では下痢や便秘の原因・解消法についてまとめているので、症状の悪化で苦しんでいる方は一度目を通しておきましょう。

 

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい

 

生理後の下痢や便秘の原因

女性は毎月引き起こされる生理によって身体の状態が変化しやすく、イライラや眠気などのPMS (月経前症候群)は有名です。

 

しかし、生理後にも下痢や便秘などお腹のトラブルで悩まされることはあり、その原因を以下ではまとめてみました。

 

生理後の下痢の原因

  • 生理中に発生するホルモンのプロスタグランジンの分泌量が増えて腸を刺激する
  • 生理の時の不安定な精神状態からストレスを感じて自律神経が乱れる

 

生理後の便秘の原因

  • 睡眠不足や食生活の偏りで本来はエストロゲンが優位になるはずがプロゲステロンが優位になり、腸の運動が鈍くなる
  • 不要な子宮内膜が剥がれ落ちることで出血が生じ、水分不足の状態に陥りやすい

 

これらの原因の中でも女性ホルモンが大きく関わっています。

 

プロスタグランジンが増えれば子宮の収縮によって腹痛や下痢が起こりやすく、黄体ホルモンのプロゲステロンが優位になれば腸のぜん動運動が鈍くなって便秘が続きやすいというメカニズムです。

 

生理後の下痢や便秘の解消法

生理中に不快な症状で悩まされ、更に生理後に下痢や便秘が続けばストレスは溜まりっぱなしとなります。

 

実はストレスと便秘には大きな関係性があり、身体の中でも腸はストレスによる影響を受けやすいので注意しなければなりません。

 

以下では、生理後の下痢や便秘の解消法をまとめてみたので、「どんな対策を毎日の生活の中で行えば良いのか?」と疑問を抱えている女性は一度参照してみてください。

 

  • 腸を刺激したりミネラルの吸収を妨げたりするアルコール類やカフェイン飲料の摂取を控える
  • 子宮の収縮を和らげるマグネシウムやビタミンB6を摂取する(アーモンドや魚介類に多い)
  • カイロや腹巻、半身浴で身体を温める(お腹が冷えていると腸の働きが弱くなる)
  • ウォーキングやストレッチなど生理後でも続けられる有酸素運動で適度に身体を動かす

 

毎月の生理によってホルモンバランスが変化するのは仕方ありませんが、だからといって偏った食生活や運動不足が続くと余計に下痢や便秘は悪化します。

 

だからこそ日常生活の送り方で工夫を行い、少しでも解消できるように努力すべきです。

 

根本的な解決には、腸内環境の改善が必要

生理後の下痢や便秘を治すために医薬品を服用している女性はいます。

 

下痢止め薬

  • ぜん動運動を正常化させる腸管運動正常化タイプ
  • 腸内細菌のバランスを整える整腸剤タイプ
  • 殺菌作用で食あたりに効果がある殺菌剤タイプ
  • 腸壁を保護して粘膜の炎症を抑える収れん剤タイプ

 

便秘薬

  • 大腸の粘膜を刺激してぜん動運動を促すアントラキノン系
  • ソフトな効き目で身体への刺激が少ないジフェニルメタン系
  • 便を柔らかくして排便しやすい状態に整える機械性下剤

 

これらの市販薬で症状を和らげられますが、どの医薬品でも根本的な解決には繋がりません。

 

あくまでも一時的に下痢や便秘を抑えているに過ぎず、生理後に不快な症状で悩まされないためには腸内環境の改善が必要です。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが整った腸内を保つことで下痢や便秘の根本的な解決に繋がるので、健康補助食品のオリゴのおかげをおすすめします。

 

オリゴ糖であればどんな種類でも同じ効果が得られるわけではなく、腸まで届かなければ整腸作用は期待できません。

 

トクホのオリゴ糖は胃で消化されずに腸までしっかりと届いて作用してくれるので、生理後のお腹のトラブルで悩んでいる女性はオリゴのおかげを飲んでみましょう。

 

トクホの「オリゴのおかげ」のホームページを見てみる

 

まとめ

生理後の下痢や便秘はホルモンバランスによる影響が大きく、医薬品に頼らなくても毎日の生活の中で腸内環境を整える対策を行っていれば十分に予防できます。

 

もちろん、あまりにも症状が酷ければ日常生活に支障が出やすいので、市販薬に頼るのは選択肢の一つです。

 

しかし、頼りすぎていると「医薬品を服用しなければ排便できない」といった状態に陥りやすく、まずは規則正しい生活を送る努力をしてみてください。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい