生理前の下痢や便秘の原因・解消法とその後の対策まとめ

生理前の女性はPMS (月経前症候群)で悩まされやすく、「イライラする」「肌荒れが酷くなる」「顔がむくむ」「憂鬱な気分になる」と症状は様々です。

 

下痢や便秘などの腸内環境のトラブルもその一つで、原因や解消法についてこのページではまとめてみました。

 

生理前の下痢や便秘の原因

生理前の女性は身体に様々な変化が生じやすく、「普段は便秘体質なのに生理の直前から下痢気味になる」という方もいます。

 

生理前の下痢や便秘の原因は2種類の女性ホルモンが深く関わっており、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが乱れるからです。

 

以下では、ホルモンバランスの乱れによる下痢や便秘の詳しいメカニズムについて見ていきましょう。

 

  1. 生理後から次の排卵まではエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増える
  2. 一方で排卵から生理前まではプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されている
  3. 子宮周辺の活発な活動を抑えるので腸の動きが鈍って便秘になりやすい
  4. 生理中は子宮を収縮させるプロスタグランジンが分泌されやすくなる
  5. 大腸が過剰に収縮して生理直前から下痢や生理痛が続く

 

このような原因で腸内環境が乱れやすく、下痢になったり便秘になったりと個人の体質によって変わります。

 

ホルモンバランスによる影響に加えて、「PMS (月経前症候群)によるイライラでストレスが溜まっている」「代謝が低下して身体が冷えている」といった状態だと余計に症状が酷くなりやすいので注意しなければなりません。

 

生理前の下痢や便秘の解消法

生理前は個人の体質によって下痢と便秘のどちらかが引き起こされやすく、それぞれの効果的な解消法について以下ではまとめてみました。

 

生理前の下痢の解消法

  • カフェインを含むコーヒーやアルコール類など刺激的な飲み物はできる限り控える
  • お風呂にゆっくりと浸かって下半身を中心に身体を温める
  • 水分を腸内に溜め込む作用のある糖類や甘味剤といった甘いものを控える
  • カツオなどの青魚に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取する
  • 肉体的な疲労や精神的なストレスを解消するために質の高い睡眠をとる

 

生理前の便秘の解消法

  • ぜん動運動を活性化させるためにお腹を「の」の字を描くようにマッサージする
  • 便を柔らかくして排出を促すために小まめに水分補給をする(寝起きの1杯の水が効果的)
  • ヨガのポーズやエクササイズなど有酸素運動で身体をしっかりと動かす
  • 天枢(てんすう)や合谷(ごうこく)、三陰交(さんいんこう)など便秘に効くツボを押す

 

上記のような対策を日常生活で取り入れることにより、「下痢が止まらない」「便秘で排便できない」といった不快なお腹のトラブルを未然に予防できます。

 

特に、身体の冷えの改善は下痢にも便秘にも適しており、女性はただでさえ冷え性で悩まされやすいので意識的に温めるのが効果的です。

 

お風呂で全身浴や半身浴を行うだけではなく、冬場は腹巻きやホッカイロといったグッズを使って身体を冷やさないようにしましょう。

 

根本的な解決には、腸内環境の改善が必要

生理前の下痢や便秘があまりにも酷いのであれば、市販の便秘薬や下痢止めを服用するのは選択肢の一つです。

 

しかし、症状を一時的に抑えているに過ぎず、翌月の生理前に同じような症状で悩まされるので根本的な解決には腸内環境を改善しなければなりません。

 

  1. 腸内環境が良くなると悪玉菌が減る
  2. 善玉菌が優位な状態が続く
  3. 腸内細菌のバランスが整って下痢や便秘で悩まされにくくなる

 

このように身体の内側から体質を変化させられるので、整腸効果とカルシウム吸収促進の2つの効果を持つオリゴのおかげをおすすめします。

 

「オリゴのおかげ」は粉末タイプのオリゴ糖を含む健康補助食品となっており、胃酸や消化酵素に殺されず腸まで確実に行き届いて効果を発揮してくれるのが最大の特徴です。

 

元々自分の腸内に存在している善玉菌のビフィズス菌を効率良く増やすサポートをしてくれるので、生理前の下痢や便秘で悩む女性は一度トクホのオリゴのおかげを試してみてください。

 

トクホの「オリゴのおかげ」のホームページを見てみる

 

まとめ

生理前に女性ホルモンのバランスが崩れ、腸内トラブルが引き起こされたり生理痛が酷くなったりするのは仕方ありません。

 

だからといって放置していると日常生活に支障が出ます。

 

サプリメントを飲んだり運動不足を解消したりと日々の生活の中でできることはたくさんあるので、薬へと頼る前に別の対策を行ってみましょう。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい