帝王切開だと便秘になりやすい? など産後便秘に関する疑問まとめ

帝王切開をした産後の女性は特に、水分不足や運動不足の影響も重なって便秘で悩まされやすくなります。

 

しかし、産後は便秘薬に頼らない方が良いと考えられており、どんな方法で解消すれば良いのか見ていきましょう。

 

産後に便秘になる原因とは?

産後の女性は普段よりも便秘で悩まされやすく、その原因を幾つか挙げてみました。

 

  • 母乳の量が増えると水分不足に陥りやすく、日々の生活の中できちんと水分補給をしていないと便の水分が少なくなりやすい
  • 出産時に会陰部を切開した部分の傷が塞がらないことで痛みが生じ、排便の際にいきむことができない
  • 妊娠中の運動不足による腹部の筋力の低下で便を体外に出すことができない(女性はただでさえ筋力が男性よりも弱い)
  • 産後の慣れない子育てによって精神的なストレスが溜まって自律神経のバランスが崩れている

 

様々な要因が絡まり合って便秘が悪化し、「お腹が痛い」「ガスが溜まっている」「吐き気がする」といった症状で悩まされやすくなります。

 

特に、帝王切開で出産した女性は産後に傷が治りきっておらず、痛みでいきめないからこそ体内にとって不要な便が溜まって便秘に陥りやすいのです。

 

慣れない子育てによるストレスや赤ちゃんの生活に合わせたことによる睡眠不足も腸内環境の乱れに繋がりやすく、産後の女性は日常生活の送り方に注意しなければなりません。

 

いつまで出なかったら便秘?

個人差があるので、「○○日まで出なかったら便秘」とは一概に決め付けることはできず、体質によって変わります。

 

会陰切開や帝王切開の傷口が気になって出産してから数日間に渡って排便できないケースは珍しくないのです。

 

4日~5日程度排便できなくても腹痛や吐き気など不快な症状が出ていなければ深刻な事態に陥ることはありません。

 

ですが、入院中に一度も出せなかった場合はかかりつけの医師へと相談しておいた方が良いでしょう。

 

産後であれば便秘薬を飲んでも大丈夫?

産後に便秘になって出せない状態は辛く、「便秘薬を服用して解消した方が良いのではないか?」と考えている女性はいます。

 

  • 市販薬を購入する際は薬剤師さんへと相談する
  • 産婦人科の医師へと相談して安全な薬を処方してもらう

 

このような方法であれば産後に便秘薬を服用できますが、授乳期間中はなるべく薬の力に頼らないようにしましょう。

 

不用意に便秘薬を服用すると成分の一部が母乳の中に入り込み、母乳の味が変わって赤ちゃんがきちんと飲んでくれないことがあります。

 

赤ちゃんの具合が悪くなったり病気になったりといった事態は起こらなくても、まずはセルフケアで便秘を解消することから始めるべきです。

 

産後の便秘を解消する方法とは?

以下では、便秘薬に頼らずに産後の便秘を解消する方法をまとめてみました。

 

生活習慣の見直しだけでも腸内環境を整えて便秘を和らげることはできるので一度試してみてください。

 

  • 便を柔らかくするための水分を補うために水かノンカフェインのお茶を飲む
  • 食事の際に便をコーティングして出しやすくするオリーブオイルを摂取する
  • ヨーグルトや納豆など善玉菌を多く含む発酵食品を意識して食べる
  • 身体に負担が加わらない程度にウォーキングやストレッチなどの運動を行う

 

ストレッチやエクササイズといった運動であれば、家の中で赤ちゃんのお守りをしながら取り組むことができます。

 

適度に身体を動かしてぜん動運動を促し、腸の動きを活性化させるケアが産後の便秘の解消には必須です。

 

赤ちゃんに影響を与えない方法で解消しましょう

産後の女性の身体はデリケートです。

 

何よりも赤ちゃんへろ悪影響を与えない方法で便秘を解消しなければなりません。

 

母乳育児をしているのであれば母乳から赤ちゃんへと様々な栄養素が行き渡るので、食生活の見直しも欠かせないポイントとなります。

 

そこで、自分の身体と赤ちゃんへの影響を考慮して便秘を解消したい女性には無添加のオリゴ糖がおすすめです。

 

  • 善玉菌のエサになって腸内環境を整える
  • 腸に適度な刺激を与えてぜん動運動を活性化させる
  • 砂糖と比べてカロリーが低い

 

上記のような特徴があり、身体の内側から安全な方法で腸内を綺麗にしてくれます。

 

なお「オリゴのおかげ」は無添加で赤ちゃんへの影響はなく、その証拠としてトクホのマークが付いているので毎日の食生活にプラスしてみてください。

 

トクホの「オリゴのおかげ」のホームページを見てみる

 

まとめ

以上のように、産後の女性は「便秘を治すには便秘薬を服用すれば良い」と考えてはいけません。

 

意識的に水分補給をしたり便秘の解消に良いオリゴ糖を摂取したりとできる方法はたくさんあるので、身体に負担をかけない方法を探してみましょう。

 

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい