オリゴ糖には、下痢や腹痛などの副作用・デメリットはある?

オリゴ糖といえば便秘に効果的なものです。

 

自然の食材からも摂取できるオリゴ糖ですが、便秘解消に高い効果があることからオリゴ糖単体でも販売されるようになりました。

 

普段の食事に活用できるので使い勝手の良さも注目されています。

 

そんなオリゴ糖は副作用ってないのでしょうか?

 

また、量は決まっているものですが効果の出方には個人差があるので、自分の適量を見つけることが大切です。

 

どれぐらいの量から始めていけば良いのか考えてみましょう。

 

オリゴ糖には副作用はありません

オリゴ糖には副作用があると思いますか?

 

自然由来の成分でできているので体に良いということは副作用は問題ないのでは?と考える人もいるでしょう。

 

結論から述べると、オリゴ糖に副作用はありません。

 

自然の素材からできているので、心配いりません。

 

ただし、ちょっとした注意点はあります。

 

まず、オリゴ糖の選び方です。

 

通販で購入する人も多いと思いますが、無添加になっているものを選びましょう。

 

そして、オリゴ糖については一日の摂取量をきちんと守るべきです。

 

副作用が報告されるケースもあるのですが、これはオリゴ糖の量を守っていない点が原因となっています。

 

副作用としては、1日に20g以上のオリゴ糖を摂取すると以下のような副作用が出ることがあるとされています。

 

  1. ガスが溜まって腹痛や下痢が起きる
  2. 胃に不快感が起きる
  3. むくみ
  4. こむら返り

 

これらの副作用はいきなりオリゴ糖を摂取したことで、腸内には善玉菌が増えて悪玉菌が驚いてしまっている状況が関係しています。

 

悪玉菌は死滅反応を示すようになるのですが、その際に上に挙げたような副作用を生じることがあるのです。

 

オリゴ糖はメリットばかりではなく副作用が現れることもきちんと知っておきましょう。

 

自分の適量を見つけることが重要

オリゴ糖の副作用は1日20g以上摂取したことによって起こりやすいと言われています。

 

そこで、基本のオリゴ糖の量としては、1日に5g~10gとなっています。

 

1日5g以下になってしまうと、今度はオリゴ糖の効果を得られなくなるので、適量が大切です。

 

ただし、この基準となっている量には個人差があります。

 

一人一人体の状況は異なるので、すべての人に対して何gと断定することはできません。

 

よって、自分にとっての適量を見つけることが大切です。

 

1日5gで効果を得られなかったら、少し増やしてみるといったように量を調整してみましょう。

 

その際に一気に10gに増やすのではなく、6g、7gと順に増やしていくようにしましょう。

 

いきなり量を増やすと下痢を起こすこともあるので、最初は慎重にいきましょう。

 

そして、自分にとっての適量が決まったら、利用方法も気をつけてみましょう。

 

たとえば、自分にとって1日7gがちょうどいい量であれば、これを一度に摂取してしまうのではなく、数回に分けて摂取する方が良いです。

 

特にオリゴ糖は1日3回に分けて利用するのが良いとされています。

 

そのため、毎食後か食事中に利用すると習慣になってよいでしょう。

 

薬のような即効性はないので、しばらく継続して使用してみないと効果は現れてくれません。

 

きちんと継続していくためにも、数回に分けて食事の際にというリズムを定着させていくと良いのです。

 

オリゴ糖は自分にとっての適量を見つけて利用するのが大事になってきます。

 

また、摂取の方法もしっかり知って実践していくと、オリゴ糖の効果を体で実感できるようになるのです。

 

敏感な人は、普通の半分の量からスタートしましょう

オリゴ糖は1日5g~10gが適量として勧められていますが、敏感な人は少しの量でもオリゴ糖の効果を実感しやすいです。

 

そのためいきなり多くの量を摂取すると、お腹が緩んで下痢を起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

 

体が敏感に反応するとわかっている時には、普通の量の半量からスタートさせるようにしましょう。

 

普通と同じ量を摂取しているといきなり副作用と似た症状があらわれて、今後オリゴ糖を利用するのに抵抗を感じてしまいます。

 

元々お腹を壊しやすい、冷えやすいといった悩みを抱えている人がオリゴ糖を利用する場合には、通常の半量から始めることを忘れないようにしましょう。

 

その後効果の出具合によって量をちょっとずつ調整してみることをおすすめします。

 

まとめ

オリゴ糖はメリットばかりという印象が強いですが、副作用はないものの過剰摂取によって不調が起きる場合があることを知っておくべきです。

 

副作用ではないものの、せっかくのオリゴ糖を摂取してマイナスの要素が出てきたら焦ってしまいます。

 

そうならないためにも量を守って正しく使用するようにしましょう。

 

基本は1日5gから10gとなっていますが、敏感な人はさらに半量から始めましょう。

 

いきなり大量を摂取するのではなく、様子を見ながら少しずつオリゴ糖の量を増やしていくのがポイントになります。

 

さらに、オリゴ糖生活を長く継続することでさらに効果も出てくるので、続けることを目標にしてみましょう。

 

オリゴ糖を摂取すると腸内の善玉菌を増やすことができるので、さまざまな病気の予防にもつながります。

 

ぜひ自分に合ったオリゴ糖の量を知って、快適に生活できるようにしていきましょう。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい