オリゴのおかげは糖尿病の便秘対策に効果的

糖尿病を患うと合併症として神経障害が出ることが多く、自律神経が乱れて便秘が起こりやすくなります。

 

糖尿病でも使える便秘対策として、お腹の調子を整えてくれるオリゴ糖を主成分とした甘味料「オリゴのおかげダブルサポート」がおすすめです。

 

今回は、糖尿病と便秘の関係とオリゴ糖を使った便秘解消方法についてご紹介します。

 

>>確実に腸に届く!おすすめの無添加オリゴ糖をチェックする


糖尿病と便秘の関係

糖尿病は下痢や便秘などお腹の調子を崩しやすい病気です。

 

なぜ糖尿病になるとお腹のトラブルが起こりやすくなるのでしょうか。

 

その理由は、糖尿病の「3大合併症」のひとつである「糖尿病性神経障害」と深い関係があります。

 

「糖尿病性神経障害」の症状は、消化器官の働きをつかさどる自律神経のバランスが乱れることにあります。

 

自律神経は通常「交感神経」と「副交感神経」が交互に切り替わりますが、糖尿病性神経障害にかかるとその切り替えが上手くいかなくなります。

 

すると腸の運動が鈍り、便秘や下痢を起こしやすくなるのです。

 

便秘や下痢を起こした腸内は悪玉菌が増えた状態です。

 

これを改善するには腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることが効果的です。

 

善玉菌であるビフィズス菌のえさになり、効率的に善玉菌を増やしてくれる「乳果オリゴ糖」

 

その「乳果オリゴ糖」を主成分にした「オリゴのおかげダブルサポート」はトクホにも認可されています。

 

糖尿病の治療中でも安心して使えるということで支持されています。

 

それでは、糖尿病の治療に重要な「オリゴ糖」と血糖値の関係について詳しく見ていきましょう。

 

オリゴ糖のGI値

血糖値をゆるやかに上げてくれる「乳果オリゴ糖」を主成分に作られた「オリゴのおかげダブルサポート」

 

「牛乳から取れる乳糖」と「天然のサトウキビから取れるショ糖」からつくられていて、その高い整腸作用とカルシウム吸収促進作用が消費者庁認定の特定保健用食品(トクホ)に認められています。

 

ほかの糖類と比較すると、オリゴ糖はGI値が10と非常に低いのが特徴です。

 

ブドウ糖のGI値は100、グラニュー糖は110、体に優しい天然甘味料というイメージのあるハチミツもGI値は85となっています。

 

GI値の低い「オリゴ糖」は腸内でゆっくりと消化分解されるため、血糖値をゆるやかに上昇させて肥満ホルモンとも言われるインシュリンの分泌が少なくなります。

 

このように、血糖値の管理が大切な糖尿病にも「オリゴ糖」は取り入れやすいのです。

 

しかし「オリゴのおかげダブルサポート」の主成分となっている「乳果オリゴ糖」は、その製品によってオリゴ糖の含有量が異なるため注意が必要です。

 

>>確実に腸に届く!おすすめの無添加オリゴ糖をチェックする


糖尿病の便秘にはオリゴのおかげダブルサポート

「オリゴのおかげダブルサポート」は消費者庁に特定保健用食品として、お腹の調子を整える作用とカルシウムの吸収を高める作用がトクホに認められています。

 

主成分となる「乳果オリゴ糖」の配合量は55%、その他の成分は「ショ糖」が使われています。

 

オリゴのおかげダブルサポートの顆粒タイプはオリゴ糖の含有量が約半分となっており、1日あたりスティック1本を摂ることで効率良く善玉菌を増やすことができます。

 

オリゴ糖以外の糖質をあまり摂りたくないという時は「オリゴのおかげダブルサポート」の顆粒タイプがオススメです。

 

スーパーやドラッグストアで安く売られているオリゴ糖製品の場合、オリゴ糖含有量が低く他の糖分が使われている可能性が高いので注意が必要です。

 

砂糖の代わりに使ってカロリーオフ

砂糖の代替甘味料として使える「オリゴのおかげダブルサポート」ですが、カロリーの点でも優れています。

 

1g当りのカロリーはが2.1kcal。

 

砂糖と比較すると約半分のカロリーで、栄養管理やダイエット中などカロリー制限中にも嬉しい低カロリーです。

 

甘みは砂糖の50%となっています。

 

加熱しても味が変わらないので、砂糖と同じく温かい飲み物や料理にも使いやすくなっています。

 

飲むタイミング

糖尿病を患っている方が「オリゴのおかげダブルサポート」を摂る場合、飲むべきタイミングはあるのでしょうか?

 

オリゴのおかげダブルサポートは薬と違い健康をサポートする機能性食品という位置づけのため、飲むタイミングはいつでもOKです。

 

カルシウムの吸収率もアップするので、ヨーグルトや牛乳に混ぜるとより栄養価が高まります。

 

コーヒー紅茶、ココアや白湯に混ぜて飲むのも良いでしょう。

 

ただし、「オリゴのおかげダブルサポート」を飲む前は必ず医師に相談してからにしてください。

 

そのほかの注意点を次項にまとめました。

 

とりすぎ注意!適量は?

オリゴ糖はお腹の調子を整えてくれますが、急に大量に摂るとお腹がゆるくなる場合があります。

 

便がゆるくなる場合は、量を減らして様子を見てください。

 

腸内の環境を整うと下痢も治まってきます。

 

便秘を改善したい場合には、1度にたくさん摂るよりも毎日一定量を続けて摂取することが大切です。

 

適切な摂取量

適切な摂取量は「オリゴのおかげダブルサポート」顆粒スティックタイプは1日あたり1本となっています。

 

顆粒タイプは1日に1本、カロリーも2.1kcalと分かりやすく、糖尿病治療中の栄養管理にも便利です。

 

外出時にも持ち運びやすいので、飲み忘れも防ぐことができます。

 

公式サイトの通販では割引価格で安く購入でき、毎月送料無料で定期配送してくれるサービスがあるのでオススメですよ。

 

まとめ

糖尿病の治療中に起こりやすい便秘。

 

その対策には腸内環境を整え、血糖値も上げにくい「オリゴ糖」が有効であるとわかりました。

 

「オリゴのおかげ」は主成分である「乳果オリゴ糖」が大腸にまで届き、腸内のビフィズス菌を増やすことで便秘や下痢などの腸内トラブルを改善する効果があります。

 

砂糖の代わりに使える甘味料として糖尿病の栄養管理にも役立つ「オリゴのおかげダブルサポート」ですが、購入の前には医師に相談することが大切です。

 

おなかの健康を保つ「オリゴ糖」をぜひ日々の食生活に取り入れてみてください!

 

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい