1歳未満の乳児にオリゴ糖を飲ませても大丈夫ですか?

乳児であっても便秘になることはあります。

 

ちょっとした生活環境の変化や飲み物、食べ物によっても便秘はなりやすいです。

 

何日もお腹がスッキリせずに機嫌も悪い、泣きながら便を出そうとしている時には便秘になっています。

 

しかし、乳児には便秘薬や浣腸はやめましょう。

乳児には便秘薬や浣腸はやめましょう

乳児でも利用できる便秘薬や浣腸は存在します。

 

でも、それに慣れてしまうと癖になってしまい、自分の力で排便することが難しくなってしまいます。

 

浣腸は乳児でも使える商品があり、数日間すっきりしない時に親がしてあげるとあっという間にお腹がすっきりします。

 

市販の便秘薬は1歳未満の乳児には効果が強すぎます。

 

大人でも利用するとびっくりするぐらいすっきりするというので、乳児にはまだ強すぎることがわかるでしょう。

 

浣腸も便秘薬も一時的ではありますが、お腹に溜まっている便をかなりすっきりさせてくれます。

 

しかし、これではずっと浣腸などが手放せなくなってしまうので、成長していく中で困ったことになります。

 

癖にならない程度に使うこと、浣腸や便秘薬以外の対策も知っておくことが大切です。

 

できるのなら、自然に便を出せるように便秘を改善していくのが一番です。

 

オリゴ糖なら自然由来の成分だから安心!

便秘薬や浣腸以外で便秘を改善するには・・・と探していると行き着くのがオリゴ糖でしょう。

 

オリゴ糖は自然由来のものから作られていることが多く、小さな子供の体にも安心して使用できます。

 

便秘になったからといってすぐに浣腸や便秘薬に頼るのはやめて、オリゴ糖について調べてみましょう。

 

オリゴ糖は母乳に含まれる成分と同じでもあるので、1歳未満の乳児であっても安心して使うことができます。

 

自然なオリゴ糖で腸内の善玉菌を増やしてくれるので、浣腸などをしなくても自然と排便できるようになってきます。

 

なお、基本的には自然由来のものから作られているオリゴ糖ですが、中には無添加でないオリゴ糖商品もあります。

 

オリゴ糖以外に甘味料や保存料などの添加物を使用しているオリゴ糖もあります。

 

よって、オリゴ糖を選ぶ際には商品もいくつかあるので、信頼できる無添加のオリゴ糖を選ぶようにしましょう。

 

無添加のオリゴ糖を、ミルクや白湯に溶かして飲ませるようにしましょう

では、無添加のオリゴ糖をゲットしたらどんなふうに利用すればいいのでしょうか?

 

一番手軽なのはミルクや白湯に溶かして飲ませる方法です。

 

1歳未満であればまだミルクは飲んでいるでしょう。

 

そこで、いつものミルクを作る際にオリゴ糖を正しい量入れて溶かします。

 

ほんのり甘さが加わるので、子供も喜んで飲んでくれることでしょう。

 

いつものミルクに混ぜるだけで出来上がりなので、簡単に作ることができますね。

 

また、ミルクじゃないときは白湯に混ぜるのもおすすめです。

 

白湯だけでは味気なく感じますが、オリゴ糖を加えて少し甘みが加わると飲んでくれるでしょう。

 

離乳食の一番最初といえば白湯から挑戦すると思いますが、白湯を飲んでくれない赤ちゃんでも白湯にオリゴ糖を混ぜると飲んでくれるかもしれません。

 

離乳食に取り入れるなどしなくても、ミルクや白湯といった飲み物に溶かすことで簡単にオリゴ糖を摂取できます。

 

1歳未満の子供には溶かして飲ませるという方法がベストでしょう。

 

まとめ

オリゴ糖は生後1ヶ月を過ぎた頃から使用して大丈夫と言われているので、1歳未満であっても問題ありません。

 

赤ちゃんの場合には1回に2グラムを溶かすのが良いと言われているので、量もしっかり守りましょう。

 

量を守らないと効果が半減してしまうので、辛い便秘を解消していくためにもきちんと守ってみてください。

 

1歳未満で離乳食が始まると徐々に悩むお母さんが多い乳児の便秘ですが、普段の飲み物にオリゴ糖を少し加えてみるとお腹もすっきりします。

 

自然のものなので便秘薬や浣腸のように癖にならずに済むので、安心して続けられます。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい