妊娠中に飲んでもいい便秘解消のお茶を紹介します!

妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりによる食生活の変化など、様々な原因が重なり合って便秘が引き起こされやすくなります。

 

そんな時にカフェインフリーのお茶が適しており、どんな種類の飲み物が良いのか参考にしてみてください。

 

妊娠中に便秘になる原因とは?

正確な統計は出ていないものの、日本人女性の2人に1人が便秘で悩まされていると言われています。

 

中でも妊娠中の女性は普段と比べて便秘を発症しやすく、その原因を以下ではまとめてみました。

 

  • プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加して腸のぜん動運動が減る
  • 妊娠初期のつわりによって食物繊維を中心とする栄養素を満足に摂取できない
  • 子宮の中で赤ちゃんが大きくなって大腸を圧迫している(直腸性便秘)
  • 精神が不安定になりがちでストレスが溜まって自律神経が乱れる(マタニティブルー)

 

女性ホルモンのバランス崩れによる影響が非常に大きいのですが、食物繊維不足や運動不足など日常生活の送り方も少なからず影響を及ぼしています。

 

すぐに効果を出したいなら、カフェインフリーのお茶を

妊婦さんが便秘の解消ですぐに効果を出したいと考えているのであれば、カフェインフリーのお茶が効果的です。

 

食物繊維やオリゴ糖など便秘の解消をサポートする栄養素が含まれたお茶は多く、水分補給で便を柔らかくする直接的な効果も得られます。

 

しかし、妊娠中にカフェインを摂取すると鉄分の吸収が阻害されて貧血を患いやすく、赤ちゃんの発育に悪影響が出るリスクもあるのでカフェインフリーに焦点を当てて以下の中から飲むお茶を選びましょう。

 

  • タンポポ茶:便秘だけではなく母乳の分泌を促す作用も持つ
  • ルイボスティー:バランス良く配合されているミネラルが便秘解消をサポートする
  • 黒豆茶:オリゴ糖やペクチンが腸内環境の乱れによる便秘を解消する
  • ごぼう茶:水溶性と不溶性の2種類の食物繊維がバランス良く含まれている

 

カフェインフリーというわけではありませんが、マテ茶やプーアル茶も妊娠中の便秘に適しており、ガブガブと飲むような真似をしていなければ特に問題はありません。

 

根本的な原因を直すなら、腸内環境の改善を

便秘の根本的な原因を直すに当たり、腸内環境の改善は欠かせないポイントです。

 

  1. 便秘で腸内環境が乱れると悪玉菌の活動が活発になる
  2. 未消化のタンパク質を分解して有害物質を作り出す
  3. 肌荒れや口臭など様々なトラブルの原因に繋がる

 

妊娠中の女性に限った話ではありませんが、このようなメカニズムで症状が加速していくので腸内環境を改善してゆっくりと安全に便秘を解消する必要があります。

 

悪玉菌と善玉菌のバランスが取れた状態がベストで、腸内フローラ(腸内細菌叢)を整えるためにどんな処置を施せば良いのか見ていきましょう。

 

  • 海藻類やキノコ類に含まれている水溶性食物繊維を摂取する
  • ヨーグルトやチーズなど様々な乳酸菌が含まれている発酵食品を食べる
  • タンパク質や脂肪など悪玉菌の主食となる栄養素が含まれた肉類の摂取量を少なくする
  • 整腸作用を目的としたサプリメントを摂取する

 

毎日の食生活と腸内環境の改善には深い関係性があり、妊娠中は元気な赤ちゃんを育てるためにもバランス良く栄養素を摂取すべきです。

 

腸内環境の改善には、無添加オリゴ糖がおすすめ!

腸内環境の改善に働きかけるには無添加のオリゴ糖をおすすめします。

 

腸内で善玉菌のエサになるので活性化させられ、悪玉菌の繁殖を抑えて便秘の解消に繋げてくれる効果的な栄養素です。

 

  • ごぼう
  • 玉ねぎ
  • 大豆
  • バナナ

 

これらの食べ物に含まれていますが、食事からでは十分に摂取できないので粉末タイプの健康食品のオリゴのおかげを使ってみましょう。

 

「オリゴのおかげ」には無添加のオリゴ糖が含まれているのでお腹の中の赤ちゃんには影響がなく、妊娠中の女性にピッタリなので一度試してみてください。

 

トクホの「オリゴのおかげ」のホームページを見てみる

 

まとめ

妊娠中の女性はお茶やサプリメントなど、毎日の食生活の見直しで便秘を解消できます。

 

お腹の中の胎児に悪影響のある便秘薬や下剤を自分勝手な判断で服用するのは危険だと心得ておきましょう。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい