妊婦は便秘薬を飲んで大丈夫?【赤ちゃんへの影響・改善方法など】

便秘になるとお腹が圧迫される感じがして不快ですよね。

 

妊娠中は特に便秘になりやすいので、便秘をどうやって解消するかが重要です。

 

便秘薬を飲んでお通じを良くする方法もありますが、妊婦さんが飲んではいけない便秘薬もありますので服用する薬は十分選ぶ必要があります。

 

便秘薬以外にも食事や運動を行うことで便秘が解消されます。

 

体に負担のかからない方法でお通じを良くしましょう。

 

>>無添加で安心!おすすめのオリゴ糖ランキングを見てみる


妊婦が便秘になりやすい原因とは?

妊娠中は普通に比べて便秘になりやすいといわれています。

 

赤ちゃんがお腹の中にいるだけでも重く感じるのに、お通じまで悪くなってしまうとさらにお腹が重くなってしまいます。

 

便秘でイライラしてしまうと赤ちゃんにも悪影響が出てしまうので、便秘を解消してすっきりした気分で過ごせるようにしましょう。

 

妊婦さんが便秘になりやすいのは以下の理由が考えられます。

 

子宮による圧迫

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、周囲の臓器を圧迫します。

 

腸が押されてしまうと便が通過できなくなるので便秘を生じることがあります。

 

特に妊娠後期に見られるのが特徴です。

 

ストレス

ストレスによって便秘を招くことがあります。

 

生理的に、人間は安心した状態で排泄を行います。

 

しかし、ストレスなどが溜まりすぎると体内の神経バランスを崩してしまうので、体が安心した状態にならないのです。

 

特に妊娠中はホルモンの影響もありストレスが溜まりやすくなっているので、ストレスを溜めない工夫が必要になります。

 

運動不足

妊娠中は運動不足になりがちです。

 

活発に体を使っていないと腸の蠕動運動が低下してしまいます。

 

とはいえ妊娠中に激しい運動は厳禁ですから、体を全く動かさない生活を送らないよう心がけてください。

 

水分不足

妊娠中に限らず、便秘を生じる主な原因は水分摂取の不足が挙げられます。

 

便にはある程度の水分が含まれているのが普通ですが、体内の水分が足りない場合腸からの水分吸収が強くなるので便に含まれる水分がほとんどなくなります。

 

水分量が少ない便は石のように硬くなってしまうので、お通じが悪くなる原因になるのです。

 

ホルモンバランス(プロゲステロン)

妊娠するとプロゲステロンというホルモンが産生されるようになります。

 

胎盤が大きくなるに従ってこのホルモンの分泌は増加し、妊娠の中期には大量のプロゲステロンが体内にある状態です。

 

プロゲステロンの役割は母体を妊娠に適応させるためにあります。

 

例えばこのホルモンが多いと筋肉の収縮が弱まります。妊娠中に子宮が必要以上に収縮してしまうと早産になる危険があるため、このホルモンがとても大切です。

 

しかし、プロゲステロンは子宮以外の筋肉の収縮を弱めてしまう欠点もあります。

 

排便に関わる筋肉が収縮できなくなると便を押し出せなくなるので、便秘になってしまうことがあります。

妊娠中に出される便秘薬と影響

妊娠中は使用できる便秘薬に制限があります。

 

その辺りを注意せずに服用すると早産などを引き起こす可能性があるので気をつけてください。

 

ここからは妊娠中でも服用可能な便秘薬をご紹介します。

 

「3Aマグネシア」 「ミルマグ」

酸化マグネシウムを含んだ「3Aマグネシア」や水酸化マグネシウムを含んだ「ミルマグ」は妊娠中の方でも使用することが可能です。

 

これらの物質は腸の中に水分を引き寄せるので、便が柔らかくなります。

 

その際腸が刺激を受けるので、排便が活発になる作用があります。

 

ただし、腎臓が悪い人は体の中にマグネシウムが溜まりやすくなっているので、これらの薬を服用することで高マグネシウム血症になる恐れがあります。

 

飲みすぎると下痢になる可能性があるため、容量を守って服用するようにしましょう。

 

ラキソベロン

大腸を刺激することで排便を促す薬です。

 

ラキソベロンに含まれているピコスルファートナトリウムという成分が腸を刺激する作用があります。

 

便秘薬の効果が出るまでに7時間以上かかるので、寝る前に飲んで翌朝の効果を期待して使うことが多いです。

 

基本的に副作用はありませんが、服用量が多いと腹痛を起こす可能性があるとの報告があります。

 

飲み過ぎには注意してください。

 

便秘薬の中には妊娠中に適さないものがあります。以下の薬を妊娠中に服用するのは控えましょう。

 

ビサコジル

「コーラック」や「スルーラックS」に含まれる成分です。

 

直腸の粘膜を刺激することで運動を活発にして排便を促します。

 

座薬タイプですので、効果発現までが早く入れてから5分後には薬の効き目が生じます。

 

ビサコジルは妊娠中の方は使うべきではないとされています。

 

流産や早産を招く危険性があるので、妊娠中は使わないようにしてください。

 

アローゼン

大腸を刺激することで排便を促す薬です。

 

アントラキノン系の有効成分が含まれており、効果が強いことが多いです。

 

この薬を妊娠中に使うことは原則禁忌といわれています。

 

通常量の服用なら問題ないのですが、大量服用で子宮の収縮を誘発する危険があり、流産や早産になる可能性があります。

 

>>無添加で安心!おすすめのオリゴ糖ランキングを見てみる


便秘薬を使わずに便秘改善をしましょう!

便秘薬でお通じを良くする方法も確かにありますが、できれば薬を使わずに解消するのが健康的です。

 

お通じを良くするには何をすべきでしょうか。

 

食事

食べるものに気をつけることで便秘になりにくくなります。

 

一般的には食物繊維を多く含む食材を食べることがいいとされています。

 

食物繊維には果物などに多く含まれている水溶性食物繊維と穀物や繊維質の多い野菜に多く含まれている不溶性食物繊維の2種類があります。

 

どちらも便秘を解消するためには必要な成分ですので、バランスよく食べることを心がけてください。

 

水分を摂取することも忘れてはいけません。

 

便が硬くならないように、妊娠前よりも多めに水分を取ってください。

 

妊娠中は1日に2L程度飲む必要があるといわれています。

 

意識して水分補給しないと2Lの水分を摂取できないので、大変かもしれませんが頑張って飲みましょう。

 

体操

体を動かしすぎる運動は妊婦さんにオススメできませんが、軽い体操ならば体の負担にならないので大丈夫です。

 

むしろ運動不足は便秘の原因になりますので、積極的に行ってください。

 

便秘を解消させるには腸の働きを改善する必要があります。

 

体をひねったりねじったりすると腸が動かされるので、便秘の改善につながることがあります。

 

それ以外にも軽いウォーキングやマタニティスイミングなどを行うことで、体の働きが良くなります。

 

ただし、これらの運動はやりすぎると妊婦さんの負担になりますので、医師に相談しながら適度に行うようにしてください。

 

ストレス解消

ストレスが溜まりすぎると体が休む状態にならないので、お通じが悪くなります。

 

妊娠中でも可能なストレス解消法が必要です。

 

運動によるストレス解消は、体を思いっきり動かせない妊娠中には不向きです。

 

音楽を聴いたり、いい匂いのするルームフレグランスなどを使ってゆっくりしたりするとストレス解消になることがあります。

 

まとめ

妊娠中はホルモンや神経など様々なバランスが崩れやすくなっているので、体の不調が現れやすい時期です。

 

便秘が長引くと妊婦さんへのストレスが強くなることもありますし、場合によっては子宮が圧迫されて早産になることもあります。

 

それは赤ちゃんにとってもいいことではありませんので、できる限り便秘にならないように心がけてください。

 

薬を飲む以外にも便秘を解消する方法はあります。

 

できるだけ薬に頼らない解消法を身につけてください。

 

>>無添加で安心!おすすめのオリゴ糖ランキングを見てみる