無添加オリゴ糖のおすすめナビ

便秘を解消するために下剤に頼れば、下痢と便秘を繰り返す悪循環に陥りかねません。

 

そのため、便秘には健康食品で対応しようとする人が少なくないのです。

 

便秘解消に役立つ製品には、さまざまなアプローチ法のものがあります。

 

例えば、食物繊維や善玉菌を食品から取り入れ、腸の働きを活性化させようとする製品、また、体内の善玉菌をサポートする成分を取り入れる製品、などなど。

 

ニチエーのラクトリゴは、善玉菌のサポートを目的とした製品です。

 

善玉菌のエサであるオリゴ糖を主成分とする製品は、数多くあります。

 

そのなかで、ラクトリゴの特徴は「善玉菌」「オリゴ糖」とひとくくりに考えるのではなく、善玉菌にもオリゴ糖にも数多くの種類がある点に着目したところ。

 

>>無添加で安心!おすすめのオリゴ糖ランキングを見てみる

>>ニチエーの楽天ショップを見てみる

 

ニチエー ラクトリゴの特徴とは

ラクトリゴは、善玉菌のエサとなるオリゴ糖が主成分です。

 

もちろん、善玉菌を育てることが目的。

 

腸内フローラとは?

善玉菌とは、腸の働きを正常に保つために必要な要素のひとつです。

 

もともと、腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類が住んでいます。

 

その生態系を「腸内フローラ」と呼び、腸内フローラのバランスが腸の働きに大きな影響を与えます。

 

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のうち優勢なほうの味方をする菌なので、善玉菌が悪玉菌よりも多くなるようにバランスを取れば良いのです。

 

善玉菌の好き嫌いとは?

善玉菌の代表的なものにはビフィズス菌がありますが、一般的なヨーグルトから摂取しようとしても腸にたどり着く前に多くのビフィズス菌は死んでしまいます。

 

そこでラクトリゴは、ビフィズス菌を配合すると同時に、オリゴ糖で腸内にもともといる善玉菌も増やそうと考えたのです。

 

豊富なエサを与えられた善玉菌は数を増やし、元気に働いて腸の調子を整えてくれるはず!

 

しかしそのためには、単純に「オリゴ糖を多く摂取すれば良い」という簡単なお話ではありません。

 

善玉菌には多くの種類があり、それぞれ好みのオリゴ糖が違います。

 

ラクトリゴは、善玉菌の好みや相性を分析し、選び抜かれたオリゴ糖をブレンドして配合しているのです。

 

これにより、多くの善玉菌がそれぞれ好みのエサにありつくことができ、より効率良く働くことが期待できます。

 

ラクトリゴに配合されたオリゴ糖は、以下の6種類。

 

  • ビートオリゴ糖(てん菜由来)
  • フラクトオリゴ糖(さとうきび由来)
  • セロオリゴ糖(植物由来)
  • ミルクオリゴ糖(牛乳由来)
  • 乳果オリゴ糖(牛乳・さとうきび由来)
  • ガラクトオリゴ糖(牛乳由来)

 

なお、オリゴ糖の抽出元からもわかるように、ラクトリゴには乳成分が含まれているため、アレルギーをお持ちの人は注意が必要です。

 

ラクトフェリンとは?

他に、ラクトリゴには、ラクトフェリンが配合されています。

 

このラクトフェリンは、悪玉菌の活動を抑える性質をもちます。

 

善玉菌をサポートするだけではなく、悪玉菌を抑えつけることで、腸内フローラのバランスをより強固なものにする目的があります。

 

さらにラクトフェリンは、ビフィズス菌と相性がよく、その働きを助ける役割も持ちます。

 

生活に取り入れやすい

ラクトリゴは薬品ではなく、健康食品です。

 

そのため、難しい用法を守る必要はありません。

 

お好きなタイミングで飲めます。

 

ただし、どんな栄養素であっても取りすぎは体に良くないもの。

 

もちろん、ラクトリゴも取りすぎには注意が必要です。

 

難しい用法はありませんが、1日の摂取上限だけは守りましょう。

 

>>無添加で安心!おすすめのオリゴ糖ランキングを見てみる

>>ニチエーの楽天ショップを見てみる

 

ニチエー ラクトリゴの口コミ/評判

 

ニチエー ラクトリゴのポジティブな口コミ

「他のオリゴ糖製品を使っても効果が得られず、あきらめていた」という人が「ラクトリゴなら成果が出た」という報告があります。

 

これは、ラクトリゴが複数のオリゴ糖をブレンド配合した結果、体内にいる善玉菌の好みに違いがあっても対応できたということなのでしょう。

 

また、ラクトリゴはほんのりとした甘さがありますが、料理の味を変えるほどではありません。

 

粉末という扱いやすい形状もあり、どんな料理にも混ぜて使えるお手軽さもラクトリゴの評価を高くしている要因のひとつです。

 

さらに、他のオリゴ糖製品と比較すると価格が安いという声もありました。

 

ニチエー ラクトリゴのネガティブな口コミ

ラクトリゴは1日の摂取量上限が定められているので、それ以上使ってしまうことは自己責任となります。

 

「確かに効果があったが、大量に取って下痢になってしまった」という不満の声がありましたが、逆にこれは効果の確かさを裏付けるものともいえるのかもしれません。

 

難しい用法のない食品とはいえ、上限だけは守りましょう。

 

また、粉末状の製品は扱いやすいですが、スプーンで取り出すのが少し難しく「使うたびに手が汚れてしまう」といった声も。

 

継続して使い続けるのであれば、専用の容器を用意して移し替えるといった工夫をオススメします。

 

複数のオリゴ糖を配合して、多くの善玉菌の好みに対応しているラクトリゴですが、それでも効果には個人差があるようです。

 

「期待したほどの効果は得られなかった」という意見も見られました。

 

ニチエー ラクトリゴの価格表

50g 864円(1gあたり17.28円)
500g 2,700円(1gあたり5.4円)

 

まとめ

腸の働きを活性化するには、腸内フローラのバランスを善玉菌優勢にする必要があります。

 

ラクトリゴは、多くの種類がある善玉菌の好みに合わせて、複数のオリゴ糖を配合し、どんな好みを持つ善玉菌にも対応。

 

さらに、オリゴ糖は悪玉菌のエサにもなるのですが、悪玉菌まで増えて活発になってしまわないように、ラクトフェリンを配合しています。

 

ラクトフェリンと複数種類のオリゴ糖の配合により、ラクトリゴは、善玉菌を増やすこと・そして悪玉菌を増やさないこと、この両方を同時に実現したのです。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい