腸内環境が大事!花粉症を改善する方法とは

辛い花粉症の症状。花粉症の季節が近づくたびに、対策に励むのではないでしょうか。

 

マスク・メガネ・空気清浄機など花粉症対策グッズの大半は対症療法に役立つアイテム。

 

今困っている症状に対して行う処置で、根本的な解決にはなりません。

 

花粉症の症状が出にくい身体にするためには、根本治療に取り込むことが大切です。

 

花粉症を根本から改善するために、免疫機能を正常化させる器官、腸内フローラを綺麗にしましょう。

 

免疫力を正常化させる腸内環境を改善のしくみと、オリゴ糖の働きについて解説します。

 

腸内フローラ改善で身体全体の免疫力向上

 

花粉症と腸の関係

花粉症は免疫機能が過剰に反応してしまうアレルギー疾患。

 

免疫機能が過剰に抗体を作って、アレルゲンとなる花粉を身体から排除しようと、くしゃみで吹き飛ばしたり涙や鼻水で流し出そうとしたりするのですね。

 

アレルゲンが侵入したと認識すると、ヒスタミンに代表される化学伝達物質を放出しアレルゲンを攻撃するのですが、このヒスタミンがたくさん分泌されると痒みや腫れが生じるのです。

 

病院や薬局で処方される花粉症の薬の多くは、抗ヒスタミン剤といってヒスタミンの放出を抑えるための薬なのをご存じの方も多いでしょう。

 

花粉症患者の免疫機能は、過剰に反応してしまいます。

 

身体の各粘膜部分にある免疫細胞が、攻撃する必要のない物質でもアレルゲンと認識してしまうのですね。

 

この免疫機能に作用する器官が腸なのです。

 

免疫機能の約6割が集中する腸内の環境が悪いと、アレルギー反応を活発化させてしまいます。

 

腸の活動を改善して健全な免疫機能を作ることが、アレルギー、つまり免疫疾患である花粉症の根本対策になるというわけです。

 

腸内フローラの改善が免疫機能向上のカギ

腸の活動を支えるのは、約100兆個もある腸内細菌です。

 

腸内細菌は、管状になった小腸から大腸までの管の中で、まるで絨毯の毛のようにフサフサとしたフローラ(草むら)状になって存在しています。

 

このため腸内細菌の状態を腸内フローラとも呼ぶのです。

 

腸内フローラの中に約500種あると言われる腸内細菌は、乳酸菌など善良な菌である善玉菌・大腸菌など有害な悪玉菌・善玉菌と悪玉菌のどちらにも変幻できる日和見菌の3種類に分類されます。

 

花粉症などアレルギー体質の人は、この腸内細菌のバランスが悪く、健常な人よりも悪玉菌が優位になっているのです。

 

悪玉菌と善玉菌は拮抗の関係にあるので、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで、腸内細菌のバランスを整えて、腸内フローラの改善を目指します。

 

腸内細菌は、身体にとって良いものと悪いものを区別し排除するといった免疫機能を調整するしくみを担っています。

 

つまり腸内細菌のバランスが良くなると、免疫機能も正常化するのです。

腸内フローラ改善には、腸まで届くオリゴ糖

腸内フローラの改善は、善玉菌をいかに増やすか

腸は免疫機能のほかにも、消化吸収・体内毒素の解毒・代謝・排泄・自律神経の調節といった重要な作用をになう人間にとって非常に重要な器官です。

 

腸の状態が悪いと、体調不良やさまざまな病気にかかるおそれがあるのです。

 

このため、善玉菌を体内に増やして腸内環境を改善する対策は、最近では「腸活」と呼ばれ、健康法として定着しつつあります。

 

昔から便秘や整腸に良い食品として、ヨーグルトなどの乳酸菌食品・ビフィズス菌食品をとる健康法がありますね。

 

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌。

 

元気な腸内には十分な数の乳酸菌やビフィズス菌が常在しています。

 

しかし、善玉菌を腸内で増殖させて安定させるためには、摂取の仕方に注意が必要です。

 

というのも、善玉菌をいくら摂取しても、多くが胃液や胆汁などの分解酵素によって消化され、大腸にまで届けられないのです。

 

善玉菌を腸に届かせ、善玉菌を繁殖させるようにしなければ腸内環境の改善効果が得られません。

 

善玉菌の繁殖させるオリゴ糖の力

腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌を直接摂取するだけでなく、善玉菌が増殖しやすい環境の整備が大切ということです。

 

オリゴ糖は、大豆やハチミツなどさまざまな食品に含まれる天然の成分。

 

オリゴ糖には、善玉菌の栄養源となり、善玉菌の増殖を強力にサポートする力があるのです。

 

さらにオリゴ糖のカロリーは、砂糖の約半分。

 

同じ糖質でも虫歯になりにくいという性質もあり、今「腸活」の活躍成分としてトクホ食品や健康食品にも利用される大注目の成分です。

 

オリゴ糖の摂取で、善玉菌の急増が期待できます。

 

免疫機能向上だけでなく、便秘解消、新陳代謝促進などさまざまな効果が得られるとのデータもあります。

 

まとめ

花粉症の根本的に解消するカギは、腸内環境の改善です。

 

オリゴ糖を摂取して、善玉菌が増えやすい腸内環境を作りましょう。

 

腸内フローラを善玉菌優位の環境に整えることで、あらゆる花粉症の辛い症状が一気に軽減される根本的な体質改善が期待できます。

 

厚生労働省による1日あたりの理想的なオリゴ糖摂取量は、2~5gと指導されています。

 

食事だけでの摂取が難しい場合は、オリゴ糖を含んだサプリメントや健康食品を利用すると良いですね。

 

オリゴ糖は、免疫機能の改善だけでなく、さまざまな健康増進効果が期待できる成分。

 

食生活に上手に取り入れて、花粉症改善を目指しましょう。

 

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい