腸内フローラ改善すると美肌やダイエットなど女性に嬉しい効果を発揮!

腸内フローラという言葉をご存知ですか?

 

腸内フローラとは腸の中に住んでいる細菌のことで、いろんな種類の細菌が腸の中にびっしりとある様子から花畑に似ているということでその名前が付けられています。

 

腸の中には約1,5キロもの腸内細菌が存在しています。また、腸内細菌には大きく分けて3種類あります。

 

腸に対して良い働きをしてくれる善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌、そして勢力が強い方に加勢する日和見菌の3種類です。

 

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい

腸内フローラの乱れが原因で便秘に

善玉菌・悪玉菌・日和見菌とは

善玉菌は消化吸収を助けてくれたり抵抗力をつけて病気になりにくくしてくれるなどの働きをしてくれます。

 

一方の悪玉菌は胃や腸に炎症を起こしたり発ガン性物質を作り出すなどの嬉しくない働きをします。

 

そして悪玉菌が増えてしまうと、当然日和見菌は悪玉菌に味方をしてしまいどんどん腸内環境を悪化させてしまいます。

 

そうならないためにも日頃から善玉菌を増やすような食生活を心がけることが大切なんです。

 

腸内環境が乱れてしまうと便秘や下痢などの不調が現れはじめます。

 

腸内環境の不調はサインとして顔にニキビとして現れやすくなってしまいます。

 

特に口周りにニキビができやすい人は胃や腸が弱っている証拠ですので、腸内フローラを正常にすることを考えましょう。

 

腸内フローラの乱れが原因で便秘に

腸内フローラの乱れが原因で便秘になってしまうと太りやすく痩せにくい体質にもなってしまいます。

 

食べたものの消化吸収の妨げになり、代謝も悪くなってしまいがちなのでダイエットも効率良くできないのがデメリットです。

 

腸内フローラの環境を改善するには善玉菌を増やすことが重要です。

 

理想の腸内細菌の割合は善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7といわれています。

 

善玉菌を増やすためにはまず食物繊維を摂り、腸内を綺麗に掃除してあげてからオリゴ糖を摂るという方法が有効です。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌となり、力が弱まってしまった善玉菌の動きを活発にしてあげることができます。

 

善玉菌を増やすのにおすすめの食材

善玉菌を増やすのにおすすめの食材がゴボウです。

 

ゴボウは食物繊維が豊富で善玉菌の餌になるオリゴ糖も含まれているので積極的に食べると良いですよ。

 

善玉菌が有利な腸内フローラにすることで便秘や下痢も改善されます。

 

そうするとニキビなどの肌あれも改善して美肌作りにもつながります。

 

また、便秘が改善されるだけでも体重が3~5キロも減ることが分かっているので、ダイエットをしていてもなかなか成果がでないという人は、まずは腸内フローラの環境を改善してみましょう。

 

まとめ

腸内フローラを改善することは健康になるだけではなく、ニキビの予防や肌のターンオーバーの乱れを改善することにもつながり、美容にも欠かせません。

 

腸内フローラを正常にして便秘を改善することでダイエットもスムーズに行えます。

 

美容にもダイエットにも腸内フローラは大きく関わってくるので、善玉菌を増やす生活を意識してみましょう。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい