新アサヒ菜善青汁は妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

天然の素材で作られた新アサヒ菜善青汁は、妊娠中や赤ちゃんの便秘として飲ませても大丈夫です。

 

しかし、新アサヒ菜善青汁の量や飲み方によっては体調を崩す恐れがありますので、それぞれの最適な飲み方を事前にチェックしておきましょう。

 

参考情報:新アサヒ菜善青汁を最安値で買うには、店舗と通販どっちがおすすめ?

>>便秘解消におススメの青汁ランキングを見てみる

 

新アサヒ菜善青汁は妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

新アサヒ菜善青汁は内服薬や外用薬などの医薬品ではなく健康補助食品ですので、妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんでも飲むことができます。

 

そもそも、医薬品と健康食品がどのように区別されているのかまとめてみました。

 

医薬品
  • 病気の予防や治療を目的とした医薬品成分が含まれている
  • 効果効能や副作用、安全性について調査が行われている
  • 正式に厚生労働大臣や都道府県の知事から承認を得ている

 

健康食品(サプリメント)
  • 健康の保持増進に関するドリンクやサプリメントなど全ての食品を指す
  • 毎日の食事では不足しやすい栄養素を補うのが目的
  • 特定の病気を治療したり治したりする効果は持っていない

 

医薬品は主作用に加えて副作用のリスクがあるため、自分勝手な判断で妊娠中や赤ちゃんに与えてはいけません。

 

しかし、新アサヒ菜善青汁は健康の保持増進が目的の食品のような存在ですので、基本的には個人のライフステージに関わらず毎日の生活に取り入れられます。

 

妊婦さんや赤ちゃんは意外と便秘で悩まされやすいのですが、そんな時に青汁を飲むのがピッタリでその理由を見ていきましょう。

 

  • 主成分のケールや大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれていて、腸内に蓄積している便や老廃物の排出を促す
  • 水に溶けにくい不溶性食物繊維と水に溶けやすい水溶性食物繊維の2種類がバランス良く入っている
  • 乳酸菌を含む青汁であれば、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてスムーズな排便を促してくれる

 

食生活やレシピに気を配っていても、知らず知らずのうちに野菜不足に陥るケースは多々ありますね。

 

食事だけでは十分な量の食物繊維を摂取できないため、便秘を解消するには新アサヒ菜善青汁のような野菜がたっぷりと使われた青汁が役立つのです。

 

それぞれの最適な飲み方とは?

新アサヒ菜善青汁の中には、以下のように様々な天然素材が使われています。

 

野菜類
  • ダイコン
  • ニンジン
  • ブロッコリー
  • チンゲンサイ
  • モロヘイヤ
  • 芽キャベツ

 

果物類
  • メロン
  • パイナップル
  • オレンジ
  • イチジク
  • ユズ

 

キノコ類
  • シメジ
  • エノキダケ
  • シイタケ
  • マイタケ

 

海藻類
  • ヒジキ
  • コンブ

 

健康な野菜と果物から栄養素が抽出されているため、妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんでも安心して新アサヒ菜善青汁を飲めるのです。

 

しかし、妊娠中も赤ちゃんもデリケートな時期ですので、青汁の飲み方には十分に注意しなければなりません。

 

間違った飲み方をしていると効果が半減するどころか体調不良のリスクも高まりますので、新アサヒ菜善青汁を飲むに当たって押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

 

赤ちゃんに最適な量と飲み方

赤ちゃんへと新アサヒ菜善青汁を飲ませるに当たって一番に押さえておかなければならないのは、与える時期と量です。

 

大人のように内臓機能がまだ発達していないため、幼い時期に青汁を飲ませ過ぎると消化ができなくなって健康被害のリスクが高くなります。

 

そこで、新アサヒ菜善青汁を与えるのは生後5ヶ月の離乳期に入ったタイミングを意識しましょう。

 

  • 生後5ヶ月までは母乳やミルクを中心に与える
  • 生後5ヶ月が過ぎて離乳食が始まったら少しずつ青汁を与える

 

このような飲み方が最適で、通常の分量よりも少なくして薄めるのがポイントとなります。

 

新アサヒ菜善青汁は1包を水や牛乳などお好きな飲み物と混ぜ合わせて飲む形となりますが、赤ちゃんは半分から3分の1程度の量で十分です。

 

場合によってはもっと量を抑えた方が良く、「少しずつ新アサヒ菜善青汁を与える」⇒「赤ちゃんの身体に慣れさせる」⇒「体調を見て増やしていく」と慎重にならなければなりません。

 

ゆっくりと焦らずに青汁を与えていれば、赤ちゃんの便秘を身体の内側から解消できます。

 

  • 3日~5日以上赤ちゃんがウンチをしない
  • ウンチを出す時に痛そうにしている
  • 母乳やミルクを全く飲んでくれない
  • お腹がパンパンでポッコリとしている
  • 眠たくもないのにグズる

 

こういった症状が見られる赤ちゃんは便秘の可能性が非常に高いため、食物繊維や乳酸菌などの栄養素の力で腸内環境を整えられる新アサヒ菜善青汁がピッタリですね。

 

ただし、「新アサヒ菜善青汁だけだと苦いから甘みを出した方が良いのでは?」と考えて、ハチミツを加えてはいけません。

 

ハチミツの中にはボツリヌス菌が含まれていて、細菌への免疫力や抵抗力が備わっていない赤ちゃんが体内へと取り入れると乳児ボツリヌス症の発症リスクが高まります。

 

乳児ボツリヌス症の症状が酷い場合だと呼吸困難や呼吸停止に陥ることもありますので、生後1年未満の赤ちゃんにはハチミツを与えないでください。

 

妊婦さんに最適な量と飲み方

妊娠した女性は今までとは体質が大きく変わり、様々な不快な症状で悩まされやすくなります。

 

その代表的な症状が便秘で、妊婦さんが便秘になりやすい原因について見ていきましょう。

 

  • ホルモンバランスの変化でプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えて便を排出する腸のぜん動運動が弱くなる
  • 妊娠初期はつわりによる吐き気で満足に食べ物を食べられず、腸内環境を整える食物繊維が不足しやすい
  • 体調の変化による疲労やストレスによる影響で自律神経のバランスが崩れている
  • 妊娠後期になると赤ちゃんが成長し、大きくなった子宮が胃や腸などの消化器官を圧迫する

 

重い便秘の症状を放置するのは危険なのですが、だからといって自分勝手な判断で下剤や便秘薬などの内服薬を妊娠中に服用してはいけません。

 

そこで、身体の内側から自然な形で解消したいのであれば新アサヒ菜善青汁がおすすめで、最適な量と飲み方をまとめてみました。

 

  • 過剰摂取していると身体に大きな負担が加わりやすいため、1日に1杯程度に留める
  • カフェインが含まれているコーヒーや紅茶と溶かして飲んではいけない
  • 体調が優れない時は無理をして青汁を飲まないようにする

 

妊婦さんに青汁は適した飲み物で、胎児の正常な発育をもたらす葉酸やビタミン、赤ちゃんの骨を作るカルシウムや貧血を予防する鉄分などの栄養素をバランス良く摂取できるからです。

 

それでも、新アサヒ菜善青汁を飲む量に比例した効果が得られるわけではないため、ガブガブと1日に何杯も飲むような飲み方は絶対に避けなければなりません。

 

新アサヒ菜善青汁に限らずどんな食べ物や健康食品にも該当しますが、いくら身体に良い成分や栄養素が入っていても過剰摂取が引き金となって健康を損ねるリスクがあります。

 

また、野菜や果物で作られた新アサヒ菜善青汁でも、自然の原材料が引き金となってアレルギー症状が出るケースは少なくありません。

 

安全に飲み続けられるのかどうかは素人では正確に判断できないので、妊娠中の妊婦さんは新アサヒ菜善青汁を飲む前にかかりつけの医師へと相談して許可を取りましょう。

 

まとめ

以上のように、天然の食材を中心に作られた新アサヒ菜善青汁は妊婦さんや赤ちゃんでも美味しく飲めます。

 

便秘の解消に繋がるだけではなく、豊富な栄養素を体内へと取り入れることで免疫力や抵抗力がアップして病気になりにくい体質を維持できるのが魅力的です。

 

しかし、ライフステージに合わせて正しい量や飲み方が決まっていますので、無理をせずに新アサヒ菜善青汁を続けてみてください。