青汁みらいは妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

便秘を解消するに当たり、青汁みらいを妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのかどうかまとめています。

 

摂取量を中心に正しい飲み方についても説明していますので、デリケートな時期だからこそ事前に確認しておきましょう。

 

青汁みらいは妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんは便秘の症状で悩まされやすく、どんな原因が考えられるのかまとめてみました。

 

  • 妊婦さん⇒腸のぜん動運動を鈍くさせるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えたり運動不足に陥りやすいのが原因
  • 赤ちゃん⇒母乳不足や離乳食への移行によって体内の水分量が減少して便が硬くなって排出されにくくなる

 

2日や3日程度であれば排便できなくても、便秘だと決め付ける必要はありません。

 

しかし、数日間に渡ってトイレへと言っても排便できなかったり、吐き気や腹痛などの症状を併発したりしているようであれば便秘の可能性が高くなります。

 

そんな便秘を解消するに当たって、食物繊維や乳酸菌が豊富に含まれた青汁みらいの摂取がピッタリです。

 

食物繊維の力で腸内環境を整え、乳酸菌が体内に入り込むことで善玉菌と悪玉菌のバランスが正常化します。

 

青汁みらいは自然の原材料を使った人工添加物無しの青汁製品ですので、妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも大丈夫なのです。

 

それぞれに最適な飲み方とは?

妊娠中の妊婦さんも胃腸の発達していない赤ちゃんもデリケートな時期ですので、青汁みらいの飲み方には十分に注意しなければなりません。

 

健康補助食品ですので青汁みらいを飲んで副作用で悩まされる心配はないものの、無理な飲み方をしていると身体には悪影響が加わりやすくなります。

 

そこで、以下では妊婦さんと赤ちゃんそれぞれに最適な飲み方をまとめてみました。

 

身体へと負担をかけずに便秘の症状を解消するに当たり、どんな点を押さえておけば良いのか一度チェックしておきましょう。

 

赤ちゃんに最適な量と飲み方

生後5ヶ月を過ぎた辺りの赤ちゃんであれば、離乳食へと青汁みらいを混ぜて飲ませることができます。

 

食物繊維や乳酸菌は赤ちゃんにとっても大事な栄養素ですし、野菜不足を簡単に解消できるのです。

 

ただし、内臓の機能が未熟な赤ちゃんには刺激が加わる可能性があるため、少量の青汁みらいから始めなければなりません。

 

  1. 健康に良いからと言って大人と同じ量の青汁みらいを飲ませる
  2. 刺激が強すぎて胃腸や腎臓などの内臓に大きな負担が加わる
  3. 便秘を解消するどころか逆に体調が悪くなる

 

このような飲み方を続けていると危険ですので、少しずつ赤ちゃんの体調を見ながら青汁みらいを与えていくのがポイントとなります。

 

摂取量に比例した効果が得られるわけではありませんし、赤ちゃんの場合は健康補助食品に頼らなくても基本的な栄養素は母乳や離乳食から取り入れれば良いのです。

 

他にも、赤ちゃんへと青汁を飲ませる際に押さえておきたい点を幾つか挙げてみました。

 

  • 抹茶や緑茶などカフェインが多く配合された青汁製品は避ける
  • 乳児ボツリヌス症の原因となるハチミツを加えてはいけない
  • 1日に何回も青汁を飲ませてはいけない

 

適量の青汁みらいを与えていれば、ビタミンやミネラルを中心に成長に欠かせない栄養素をたっぷりと摂取できますので安心ですよ。

 

妊婦さんに最適な量と飲み方

自然食品をベースにして作られている青汁みらいは、妊娠中や授乳中の女性でも安心して飲むことができます。

 

香料や着色料、保存料や甘味料などアレルギーの原因となりそうな化学合成添加物は一切使われていません。

 

しかし、健康や美容に良いからといって青汁みらいをガブガブと摂取する飲み方はNGで、南米ペルー原産のマカが含まれているのが大きな理由です。

 

マカは精力剤や妊活中のサプリとして使われていることの多い原材料で、どんな働きが期待できるのか見ていきましょう。

 

  • 女性ホルモンの分泌バランスを調整して妊娠しやすい体質を維持する
  • ビタミンやアミノ酸などの栄養素が豊富で疲労回復効果を促す
  • 成長ホルモンの分泌に関与しているアルギニンが身体の老化を防ぐ
  • 皮膚の新陳代謝を高めるビタミンB群が美肌へと促す

 

健康や美容に嬉しい存在なのですが、妊娠中の妊婦さんがマカを過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れるリスクがあります。

 

他のライフステージの女性とは違ってただでさえデリケートな状態ですので、青汁みらいを飲む場合は1日に1杯など適量に抑えなければなりません。

 

もちろん、自然食品が使われている青汁みらいでもアレルギーが絶対に引き起こされないと言い切ることはできず、毎日の生活に取り入れる前にかかりつけの医師へと相談すべきです。

 

まとめ

無理な飲み方をしていなければ、妊娠中の妊婦さんでも小さな赤ちゃんでも青汁みらいを飲んで便秘を解消できます。

 

青汁みらいには食物繊維や乳酸菌がたっぷりと含まれているため、身体の内側から腸内環境を整えるように働きかけてくれるのです。

 

健康維持にピッタリの飲み物なのですが、自分勝手な判断で飲むのは身体に良くないので何か疑問点がある時は医師へと伺ってみてくださいね。