藍の青汁で本当に毎朝すっきりできるのか体験レビュー

 

日々の食生活の乱れや仕事と育児によるストレスの影響で便秘体質になってしまってから早2年。

 

最近では便秘症状ばかりでなく、体重増加や肌荒れにも悩まされています。

 

「青汁は便秘解消やダイエットにいい!」と聞いていたので半年くらい前から某メーカー販売のフルーツ青汁を飲み続けていました。

 

しかし、全く効果がない…。

 

わたしが求めているのは甘くて口当たりがいいだけの青汁ではありません。

 

飲んできちんと効果が実感できる青汁です!

 

そんなとき、健康オタクのママ友から勧められたのが『濃い藍の青汁』でした。

 

ママ友曰く「野菜不足で体調が優れなかったけど、これを飲んでから毎朝スッキリ!一日中、快調だよ」と太鼓判のご様子。

 

原料と結果にこだわって作られた青汁なんですって!

 

そんなことから、わたしは『濃い藍の青汁』に興味を持ち始めました。

 

>>濃い藍の青汁のホームページを見てみる

 

意外と知られていない「藍」のすごい成分!

こちら『藍の青汁』が他の青汁と決定的に違うところは、「藍」という植物を使っているところです。

 

「藍って藍染めに使われる原料でしょう?口にしても大丈夫なの?」

 

そんな不安に襲われる人もいるのでは?

 

しかし、大丈夫です。

 

藍は“スーパー薬膳野菜”と言われるほど、栄養分豊富な植物で古くから健康食材として親しまれてきました。

 

藍の葉をちぎったら、そこから根を生やすほどの生命力が溢れている!

 

そんなパワーみなぎる藍の栄養素をぜひ私たちの体にも摂り入れてみようと試みたいの「濃い藍の青汁」が作られる原点だったそうです。

 

では、実際に藍にはどんな成分が含まれているのでしょうか。

 

藍に含まれる主成分といえば、

  • 食物繊維
  • ミネラル(鉄分、亜鉛)
  • ポリフェノール

 

こちら、3つの成分です。

 

食物繊維

藍には、食物繊維が豊富に含まれています。

 

その含有量は一般的な青汁の材料となるケールや明日葉のなんと2倍です!

 

 

まさに藍は“食物繊維の宝庫”といっても過言ではありませんよね。

 

食物繊維を多く摂ると、腸の動きが活発となり、理想的な排泄サイクルに導いてくれます。

 

便秘が解消して、余分な老廃物が体外に出て行くサイクルになれば、代謝も上がり、いつの間にか太りにくくて痩せやすい体に変わっていくでしょう。

 

藍の青汁がダイエットにおススメと言われるのは、食物繊維の含有量の多さが背景にあると断言できそうですね。

 

ミネラル

藍には、鉄分や亜鉛などのミネラル成分が絶妙なバランスで配合されています。

 

その含有量は、こんなにも多いんです!

  • 鉄分 ⇒ ケールや明日葉の3倍
  • 亜鉛 ⇒ ケールの6倍も多く、明日葉の3倍

 

鉄分は血液を作り、亜鉛はタンパク質や核酸の合成に役立ち、どちらも生命維持に欠かせない役割があります。

 

また、『鉄分や亜鉛の摂取量が多い人はうつ病になりにくい』という研究結果が発表されています。

 

ミネラルってわたしたちの体にも心にも重要な役割を果たしているのですね。

 

残念なことにミネラルはわたしたちの体内で作ることができません。

 

外部から摂取するしか方法はないのです。

 

しかし、大丈夫です。

 

藍の青汁を飲むことでしっかり体内にミネラルを摂り入れることができます。

 

ポリフェノール

ポリフェノールといえば、体の老化を抑える抗酸化成分です。

 

深刻な病気や老化の原因となる活性酸素を除去し、体を内面から健康に!

 

美容に関心のある人は、アンチエイジング成分としてもうご存知ですよね。

 

ポリフェノール含有量の多いものといえば、ビルベリーが有名ですが、藍の方がビルベリーの3倍ものポリフェノール含有量なのです。

 

 

シワやくすみなど気になる年齢となったわたしにとって若返り作用をもたらすポリフェノールはぜひとも摂りたい成分です。

 

「藍」以外の素材もこだわりがいっぱい

私たちが青汁を飲むための目的は、野菜不足の解消です。

 

【野菜不足】=食物繊維やビタミン、ミネラル不足に繋がります。

 

食物繊維やビタミン・ミネラルが足りなくなると、便秘や肌荒れ、太りやすい、風邪を引きやすいなどの障害が生まれてしまいます。

 

これらを効率よく解消するには青汁の力が必要です。

 

それならば、こだわらないといけないのが、野菜そのものの素材ではないでしょうか。

 

「藍」には食物繊維やミネラル、ポリフェノールといった優れた成分が配合されていることが分かりました。

 

濃い藍の青汁は、藍以外の素材にもこだわっています。

 

国内の有機栽培素材を使用!

藍の青汁は、国内の有機栽培素材を使用しています。

 

有機野菜は、農薬や化学肥料が使われていない野菜のこと。

 

農薬は害虫を殺すための薬です。

 

その農薬を使用した野菜を食べることは、害虫を殺す薬を間接的にわたしたちが食べていることに繋がります。

 

有機栽培なら農薬を口にすることがないので、人の体に優しくて安心で安全ですよね。

 

濃い藍の青汁では、土づくりからこだわった有機野菜がいっぱい!

  • 有機栽培の大麦若葉
  • 有機栽培の桑の葉
  • 自生のクマザサ

 

それぞれ見ていきましょう。

 

有機栽培の大麦若葉

藍の青汁の主原料でもある大麦若葉は、ケールや明日葉と並ぶほどの栄養成分をたっぷり含んでおります。

 

 

  • 食物繊維 (便秘解消)
  • ビタミン類 (代謝アップ、美肌効果)
  • SOD酵素 (アンチエイジング)
  • 葉酸 (造血作用など)

 

特に注目すべきは、ビタミンB2!

 

なんとアスパラガスの9.5倍も!

 

新陳代謝をアップし、痩せやすい体にしたり、美肌効果にも優れております。

 

有機栽培の桑の葉

桑の葉は、昔から漢方や薬草として使われてきてお茶として有名ですよね。

 

桑の葉の成分で特に注目したいのが、1-デオキシノジリマイシン。

 

桑の葉特有の成分で血糖値が上がるのを防ぎ、血糖値が急激に上がったり下がったりしないようコントロールします。

 

食物繊維が豊富で体内の老廃物を排出するデトックス効果も優れています。

 

自生のクマザサ

クマザサには、現代人の食生活で摂りにくいとされる食物繊維をはじめ、ミネラル(鉄分やカルシウム)やビタミンC、K、B類などをたっぷり含まれています。

 

その結果

 

  • 貧血予防
  • 便秘・整腸
  • 抗炎症作用
  • 動脈硬化を予防

 

などの効果効能が期待されています。

 

パンダだけに食べさせるなんてもったいないくらいですよね。

 

「ケールや明日葉入りの青汁を飲んでも便秘解消できない」という人は、クマザサ配合の青汁を飲んでみるとその効果に納得できると思います。

 

食物繊維だけでなく、オリゴ糖も配合

藍の青汁では「乳糖果糖オリゴ糖」を使用しています。

 

腸内にいるビフィズス菌は、オリゴ糖が大好物!

 

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、腸内フローラを良好に変えていく。

 

ビフィズス菌が腸内で増えたおかげで、便秘が解消し、朝からドッサリです。

 

特にオリゴ糖の中でも乳糖果糖オリゴ糖は、難消化性でビフィズス菌を増やす力がとってもパワフル!

 

しかも最も砂糖に近い甘味質を持っているので違和感なくいただくことができます。

 

実際に濃い藍の青汁を飲んでみたレビュー

注文してから1週間で濃い藍の青汁が届きました。

 

 

30包入りです。

 

1日1包ですから、約1ヶ月分となりますね。

 

 

パッケージに書かれている成分表には大麦若葉がトップに書かれています。

 

成分表は含まれている量の多い順で記載されているので大麦若葉がメインということが分かりますね。

 

メインである大麦若葉が国産の有機栽培品なので体に安心です。

 

 

大麦若葉をメインに

 

  • 桑の葉
  • クマザサ

 

3つの薬膳素材が書いてあります。

 

それぞれ生産地が記載されていますね。

 

どれも日本で生産されていることが分かりますよね。

 

 

さらに乳糖果糖オリゴ糖もしっかりと記載されています。

 

難消化性でビフィズス菌を増やす力がとってもパワフルなオリゴ糖です。

 

 

パッケージを開くと個包装になっています。

 

個包装には、「アンチエイジング」「便秘解消」「ダイエット」など人に知られては恥ずかしいワードが書いてないのでオフィスなど外出先でも平気で使えそうです。

 

 

マグカップに粉を入れました。

 

入れたとたん、草のような野菜のような、ほのかな自然の香りがします。

 

飲む前から「これはおいしい!」と確信しちゃいました。

 

こちらの写真では分かりにくいですが、緑色の中に白い粒が混じっています。

 

この白い粒がオリゴ糖かな?

 

では、藍の青汁を水で溶かしてみましょう。

 

 

水に溶かしたものがこちらです。

 

溶けやすいです。

 

今まで飲んでいた青汁は、カップの底にダマができたり、こびりついたりして全く溶けにくかったです。

 

しかし、濃い藍の青汁は、最初からサッと溶けやすいですよね。

 

香りがまるでお茶のようですね。

 

こちらの青汁には抹茶や緑茶は入っていないので大麦若葉の香りでしょう。

 

 

ではさっそくいただいてみます。

 

素朴で香ばしさがあり、ほんのり甘味のある青汁でした。

 

フルーツ青汁のような甘ったるさもありません。

 

昔からお馴染みの苦い青汁でもありません。

 

ネット上では青臭さがあるという口コミがありましたが、青臭さはそれほど気になりませんでした。

 

緑茶系のさわやかな味わいでごくごくと飲めてしまいます。

 

特に「おいしい」とか「コクがある」という味ではないですね。

 

今までわたしが飲んできた他の青汁よりの中で最もクセがないと思いました。

 

1ヶ月間、飲んでみての感想

藍を使った日本初の青汁ということで興味津々でした。

 

ものすごく特別な味わいというわけではないのが本音です。

 

しかし、青臭さをできるだけ抑え、飲みやすさにこだわる開発をしてくださっている姿勢を十分に感じております。

 

それに、すべて「国産」であったり、農薬を一切つかわない「有機栽培」であったり、とにかく原料の質にこだわっているところに好感がもてました。

 

青汁は薬ではないので長く飲み続けないと効果は得られません。

 

毎日口にするものだからこそ、安心できる原料の青汁がいいですよね。

 

実際に1ヶ月ほど試してみた結果、体に変化が見られましたよ!

 

今まで4日に1回の便サイクルが、2日に1回のサイクルになっています。

 

毎日1回のペースではありませんが、それでも朝からスッキリです。

 

体重は、1キロほど減りました。

 

とにかく、朝からスッキリなので1日中活動的になりますし、気分も上がります。

 

食べる量を無理に控えていませんが、代謝が上がったおかげで、その分体重に変化があったのでしょう。

 

肌荒れもほとんどなくなり、化粧ノリが前より良くなったのを感じております。

 

まとめ

藍の青汁は、原料と結果にこだわった青汁というのは本当でした。

 

  • 日本初の「藍」を使った青汁
  • 藍と大麦若葉が主原料で栄養バツグン!
  • 原料にとにかくこだわっている(すべてが国産、有機栽培の野菜を使用)
  • 緑茶のように味がスッキリ!だから、飲みやすい
  • 便秘解消や肌荒れ改善効果が見られた

 

とても飲みやすいのに原料にこだわった青汁です。

 

結果にこだわりたい人は、ぜひ1日1杯「藍の青汁」をお試しください。