藍の青汁を最安値で買うには、店舗と通販どっちがおすすめ?

藍の青汁は医薬品ではなく健康補助食品に分類されるため、妊娠中や赤ちゃんの便秘を解消する目的で飲ませることができます。

 

しかし、妊婦さんも赤ちゃんもデリケートな時期ですので、それぞれの最適な飲み方について詳しく見ていきましょう。

 

藍の青汁は妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

健康や美容に良いドリンクとして青汁は代表的で、様々な年齢や性別の人が毎日の食生活の中に取り入れるようになりました。

 

  • 普段の食生活で野菜を食べる機会が全くない
  • 肉類など動物性食品に偏った食生活を送っている
  • ニキビや吹き出物など肌トラブルで悩んでいる
  • お通じが悪くて便秘の症状が中々良くならない
  • 免疫力や抵抗力が弱っていて直ぐに体調を崩す

 

こんな方に青汁はピッタリの飲み物で、1日に数杯を飲むだけで野菜不足を解消できます。

 

しかし、「青汁は妊娠中の女性や赤ちゃんが飲んでも良いの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

お腹の中の胎児に悪影響がないのかどうか妊婦さんが不安になるのは当然ですし、小さな赤ちゃんに与えて体調を崩してしまっては大変ですよね。

 

青汁製品によって違いがあるものの、結論から言うと藍の青汁は妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

 

「妊娠中や小さな赤ちゃんは飲んではいけません」とは藍の青汁の公式サイトで記載されておらず、なぜ安心して飲めるのか幾つかの理由をまとめてみました。

 

  • 有機大麦若葉や自生クマザサなど国産の有機素材を原材料として使っている
  • 設備規模や技術レベルで業界トップクラスの水準を誇る国内工場で製造されている
  • トレーサビリティ体制も整っていて管理レベルも業界でトップクラス

 

高品質なドリンクを消費者へと提供するために細心の注意を払っていますので、藍の青汁は妊婦さんや赤ちゃんにもおすすめの飲み物なのです。

 

もちろん、天然の植物や野菜が使われている青汁でも、個人の体質によってはアレルギー症状のリスクが少なからずあります。

 

素人では正確に判断できないケースもあり、「藍の青汁を飲んでも大丈夫なの?」と不安を抱えている妊娠中の女性は念のためにかかりつけの医師へと相談してみてください。

 

それぞれの最適な飲み方とは?

藍の青汁は年齢や体質により、正しい飲み方が決められています。

 

例えば、大人であれば1日に2杯~3杯の青汁を飲んで丁度良いとしても、赤ちゃんにとっては量が多すぎて負担が加わる可能性があるのです。

 

健康に良い飲み物だからといってガブガブと飲んではならず、青汁の過剰摂取でどんな危険性があるのか幾つか見ていきましょう。

 

  • 食物繊維の過剰摂取で腸のぜん動運動が良くなりすぎて、腹痛や下痢など消化器系のトラブルが引き起こされやすくなる
  • 栄養強化のために脂溶性ビタミンが入っている製品の場合、ビタミン過剰症で健康被害のリスクが高くなる
  • カルシウムの過剰摂取による高カルシウム血症や、カリウムの過剰摂取による吐き気が引き起こされやすくなる

 

栄養価が満点でどんなに健康に良い飲み物だとしても、摂取量に比例した効果が得られるわけではありません。

 

そこで、以下では赤ちゃんと妊婦さんでそれぞれ藍の青汁の最適な飲み方をまとめてみました。

 

間違った飲み方で藍の青汁を続けていても本来の効果を発揮することはできませんので、商品を購入する前に一度確かめておいてください。

 

赤ちゃんに最適な量と飲み方

主原料が野菜で作られている藍の青汁は、赤ちゃんや乳幼児でも安心して飲むことができます。

 

そのまま与えるとなると苦くて飲んでくれない可能性が高いため、離乳食に加えてあげる飲み方がおすすめです。

 

母乳から離乳食へと赤ちゃんの食生活が変わると、どうしても野菜の好き嫌いが出やすくなって中々食べてくれないケースも少なくありません。

 

そんな時に藍の青汁が大いに役立ち、大麦若葉やクマザサなど豊富な原材料が入っていますので、簡単に赤ちゃんの野菜不足や便秘を解消できます。

 

「うんちが少量しか出ない」「ミルクやご飯を与えても直ぐに吐いてしまう」といった症状が赤ちゃんに出ている場合は便秘の可能性が高く、食物繊維が豊富な青汁が解消のサポートをしてくれるのです。

 

しかし、内臓などの消化器官が整っていない赤ちゃんに対して、大人と同じように青汁を与えてはいけません。

 

以下では赤ちゃんに最適な青汁の量や飲み方に関してまとめてみました。

 

  • 消化器官へと余計な負担を与えないように、自家製や市販の離乳食へと小さじ1杯~2杯程度の粉末を混ぜ合わせるだけで十分
  • 高音のお湯やミルクに溶かせると青汁の中に入っているビタミンが破壊されやすく、冬場は人肌温度で混ぜて飲ませる
  • 赤ちゃんの身体への影響を考えて人工甘味料やカフェインの多い青汁は避ける(藍の青汁はノンカフェインなので安心)

 

国産の原材料で作られた藍の青汁でも赤ちゃんの体質によって合う合わないがありますので、最初は少量から与えるのがベストです。

 

一度に大量の青汁を与えても劇的な変化は得られないため、赤ちゃんが美味しく飲んでくれることが分かってから徐々に増やしていくのが良いでしょう。

 

また、1歳未満の赤ちゃんに藍の青汁を与える時はハチミツと混ぜ合わせるのはNGです。

 

「青汁の苦みが消えるのでは?」「甘くなって飲みやすくなるのでは?」と考えているママはいますが、ハチミツを加えた飲み方がダメな理由を見ていきましょう。

 

  1. ハチミツの中にはボツリヌス菌が含まれている場合がある
  2. 1歳未満の赤ちゃんの身体は菌への抵抗力が備わっていない
  3. 食中毒症状の乳児ボツリヌス症のリスクが高くなる

 

青汁だけではなく他の食べ物や飲み物と混ぜ合わせて与えるのも禁じられていますので、ハチミツは1歳未満の乳幼児には絶対に避けてくださいね。

 

妊婦さんに最適な量と飲み方

妊婦さんはホルモンバランスの変化や食生活の乱れにより、便秘の症状が引き起こされやすくなります。

 

妊娠中の便秘には藍の青汁がピッタリで、下剤に頼ることなく食物繊維の力で腸内環境を促すことができるからです。

 

しかし、妊娠中は他の時期と比べてデリケートですので、間違った飲み方で藍の青汁を続けてはいけません。

 

安全に便秘の症状を解消するために、妊婦さんに適した青汁の量と飲み方をチェックしておきましょう。

 

  • その日の体調を考慮して無理にガブガブと飲みすぎないようにする
  • 藍の青汁の中に入っているビタミンやミネラルが壊れないように熱い飲み物と混ぜるのは避ける
  • 抹茶味や緑茶風味などカフェインの配合されている製品は避ける(藍の青汁はノンカフェインなので安心)

 

1日に1杯など、少ない量の藍の青汁を定期的に飲み続けるのであれば、お腹の中に赤ちゃんを宿している妊婦さんでも特に問題はありません。

 

便秘薬や下剤のような副作用は一切なく、安全に野菜の中に含まれている栄養素を補給して便秘を解消したり体調を整えたりできます。

 

とは言え、正しい飲み方で藍の青汁を飲んでいたとしても、妊娠によって体質が変わって今までは普通に食べられていた物でもアレルギー反応が出る可能性はあります。

 

そのため、不安な時は自分勝手な判断で飲まないでかかりつけの医師へと相談してみましょう。

 

まとめ

国産の原材料を使った藍の青汁であれば、赤ちゃんでも妊婦さんでも毎日の生活の中に取り入れられます。

 

危険性は一切ないので、「少ない量から始める」「過剰摂取を避ける」といった飲み方に気を配っていれば安心なのです。

 

藍の青汁は90%の人が美味しいと実感していますので、青汁製品をお探しの方は是非一度試してみてください。