【月齢別】新生児・乳幼児の赤ちゃん便秘の原因と解消法まとめ

新生児や乳幼児の赤ちゃんは、月齢によって様々な原因で便秘の症状で悩まされやすくなります。

 

その子の排便ペースがあるので数日間に渡ってうんちが出なくても異常だとは言い切れませんが、苦しそうにしている時は正しい方法で解消してください。

 

新生児・生後1ヶ月~4ヶ月の時に便秘になる原因と対処法

便秘は大人だけではなく、新生児や生後1ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんでも引き起こされることがあります。

 

どのような原因が考えられるのか見ていきましょう。

 

  • ママが脂肪分の多い食事をとり、母乳がドロドロになって上手く消化できない
  • 市販のミルクに含まれている微量の成分が吸収できていない
  • 授乳回数が少なく、母乳やミルクそのものが不足している

 

基本的に新生児や乳幼児の赤ちゃんは腸の発達や授乳による影響で便秘がちになります。

 

1日~2日程度であればうんちが出なくてもその子のペースなので問題はないものの、3日以上出ない時は早めに解消が必要です。

 

綿棒にオイルを塗ってクルクルと肛門を刺激したり、お腹を「の」の字マッサージしたりといった対処法で排便を促してあげましょう。

 

生後5/6/7/8ヶ月の時に便秘になる原因と対処法

生後5ヵ月以降の赤ちゃんは離乳食が始まり、母乳やミルクを飲む機会が減って水分量が不足しやすいのが便秘の大きな原因です。

 

腸の発達によって体内で便を溜められるようになるため、3日~4日に1回のペースでうんちが出ているのであれば便秘の心配はありません。

 

しかし、赤ちゃんがうんちを出す時に苦しそうにしていたり、機嫌が悪かったりという時は上手く排出できていない証拠です。

 

  • 母乳や白湯などの水分を小まめに与える
  • 乳酸菌が含まれていて便通を良くするヨーグルトを食べさせる
  • オリーブオイルやワセリンを使って綿棒浣腸を行う

 

苦しそうにしているのであれば早めに対処してあげなければならず、上記の解消法が生後5ヶ月以降の赤ちゃんには適しています。

 

うんちの状態を小まめにチェックしながら離乳食を与え、水分不足に陥らないように注意してください。

 

生後9/10/11ヶ月の時に便秘になる原因と対処法

離乳食中期に入る生後9ヵ月以降の赤ちゃんは便秘で悩まされやすく、以下のように原因は様々です。

 

  • 授乳量の減少によって水分の摂取量が減っている
  • 離乳食の量が少ないと便を作る材料が不足しやすい
  • まだ歩けない赤ちゃんも多く運動不足になりやすい
  • 引っ越しによる環境の変化などでストレスが溜まっている

 

生後5ヶ月頃の赤ちゃんと同じように水分が不足しやすいので、意識的に麦茶や白湯などを与えなければなりません。

 

また、離乳食のレシピに気を配るのも効果的な解消法となっており、食物繊維を含むさつまいもや青菜を与えましょう。

 

便に水分を与える水溶性食物繊維と大腸の動きを活性化してうんちを押し出す不溶性食物繊維をバランス良く摂取しなければならず、離乳食で水分と一緒に与えていれば自然と解消されていきます。

 

お腹をマッサージしたりハイハイをさせたりして身体を動かしてあげるのも大事です。

 

根本的な解決には、腸内環境の改善が必要

大人に限らず赤ちゃんでも、便秘の根本的な解決には腸内環境の改善が必須と言っても過言ではありません。

 

「赤ちゃんが全くうんちを出していない」と市販薬に頼るような方法は間違っています。

 

生活習慣の改善指導で安全に解消できますし、食生活を中心に見直していれば乱れた腸内環境を回復させられるのです。

 

そのサポートをしてくれるのが腸まで確実に行き届くオリゴ糖が含まれたオリゴのおかげで、便秘で悩む産後のママや赤ちゃんのために開発されました。

 

離乳食が始まる頃から腸内環境を常に良好な状態で保つことが健康の維持に欠かせないと考えられており、「オリゴのおかげ」は粉末を毎日の食べ物に加えるだけで摂取できます。

 

1ヶ月定期コースであれば10%OFFの1,632円で購入でき、赤ちゃんの腸内環境を改善するために与えてみてください。

 

トクホの「オリゴのおかげ」のホームページを見てみる

 

まとめ

言葉が話せない新生児や乳幼児にとって、毎日のうんちは健康のバロメーターとなります。

 

形状や柔らかさは常にチェックしなければならず、日々のケアで便秘が解消されない場合はかかりつけの医師へと相談して指示を仰ぎましょう。

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい