藍の快調サポートは妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

藍の快調サポートには乳糖果糖オリゴ糖が入っているため、便秘に悩みがちな妊婦さんや赤ちゃんにも飲ませたいと思う方も多いでしょう。

 

果たして妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも安全なのか、調べた結果をご紹介します。

 

参考情報:藍の快調サポートを最安値で買うには、店舗と通販どっちがおすすめ?

 

藍の快調サポートは妊婦や赤ちゃんが飲んでも安全?

藍の快調サポートには、次のような成分が入っており、便秘対策に最適な商品となっています。

 

しかし、その中には妊婦さんや赤ちゃんにとって注意すべき成分もあります。

 

  • 藍…古来より珍重されてきた薬草。便秘や月経不順、唇荒れなど効果は多様
  • 乳糖果糖オリゴ糖…カロリーが低く、善玉菌のエサとなる整腸作用もあり
  • 食物繊維…食後血糖値の急激な上昇を抑える他、整腸作用もあり
  • フコイダン…胃を守る効果や整腸作用、免疫力の向上が注目されている
  • キダチアロエ…苦味成分により腸を刺激する便器対策成分として知られる
  • プロポリス…天然の抗生物質と呼ばれるほどの高い抗菌力

 

この効果を見ていると、便秘で悩みがちな妊婦さんや、便秘薬を使えない赤ちゃんに使いたくなります。

 

実際、乳糖果糖オリゴ糖は赤ちゃんの便秘対策として愛用するママも多いほど。

 

ただし、だからといって藍の快調サポートを妊婦さんや赤ちゃんに飲ませて良いかというと、そうも言い切れないのです。

 

何故なら、キダチアロエやプロポリスが配合されているからです。

 

キダチアロエに含まれるアロインという成分が便に水分を含ませて腸を刺激してくれるため、便秘対策効果が期待できるものです。

 

古来から薬としても身近にあったアロエですが、けして口にしてはいけないのが、妊婦さんと赤ちゃん含む小さな子どもです。

 

キダチアロエに含まれる成分の中には、子宮収縮を促すものがあります。

 

早産や流産の危険があるため、絶対に服用は避けなくてはなりません。

 

赤ちゃんや小さな子どもには、副作用(下痢や血尿、腸壁に穴が開くなど)が出やすいため、直接食べさせるのはもちろん、母乳を介しての摂取にも注意してください。

 

また、骨盤内が充血しやすくなることから、月経中の女性も要注意です。

 

プロポリスもキダチアロエ同様、妊婦さんや赤ちゃんが注意すべきものです。

 

栄養価が高く、強い抗菌作用もあります。

 

やけど、切り傷など外傷に用いられる他、胃炎や便秘など内蔵のトラブルにも珍重されてきました。

 

一方で、プロポリスは妊婦さんや赤ちゃんには飲ませるべきではないという考えがあります。

 

その理由は、安全性が確立していないからです。

 

これといって重大な結構被害があったわけではないのですが、研究で明確な安全性が確認されていないため、使用は控えるべきだとされています。

 

妊婦さんや赤ちゃん以外の人でも、強すぎる抗菌作用に胃腸が荒れるなどの影響が起こることがあります。

 

最もデリケートな妊娠中の方と、体力が少なく腸が発達しきっていない赤ちゃんは、そのような影響を受けやすいとも言えます。

 

もちろん、母乳を介して赤ちゃんに影響する可能性があるため、出産後の授乳期間中にお母さんが摂取するのも控えたほうが良いでしょう。

 

このキダチアロエとプロポリスの特性から、藍の快調サポートは妊婦さんや赤ちゃんには正直おすすめできません。

 

藍の快調サポートは何歳から飲んでよいのか

前述のとおり、赤ちゃんにプロポリスやキダチアロエを摂取させることは適切ではありません。

 

場合によっては、なんらかのトラブルが起こったり、アレルギーを発症したりする可能性があります。

 

そのため、藍の快調サポートは赤ちゃんのうちは避けるようにしましょう。では何歳から大丈夫なのかというと、乳幼児は担当医との相談によります。

 

アロエ専門店では、アトエの摂取量について乳児は大人の6分の1程度、小学生は大人の半量が目安としています。

 

プロポリスも1歳以上の乳幼児であれば体調を見つつ与えて良いとする養蜂家も多いです。

 

もし子どもに藍の快調サポートを与えるのであれば、赤ちゃんの時期は避けましょう。

 

小学生などある程度大きくなってからが安心です。

 

その際も目安量よりも少ない量から、様子を見て与えてあげてください。

 

妊婦さんに最適な藍の快調サポートの量と飲み方

プロポリスに関しては、トラブルの例がないことを理由に妊婦さんが食べても問題ないと考える養蜂家もいるようです。

 

しかし、藍の快調サポートにはキダチアロエ成分も配合されています。

 

妊婦さんにとってキダチアロエは子宮収縮のリスクがあるもの。

 

藍の快調サポートは、出産して授乳期間を終えてからがおすすめです。

 

どうしても便秘が解消できない、という場合は、妊婦さんやお腹の赤ちゃんにとって影響のない成分のみで製造されている便秘対策アイテムを選びましょう。

 

たとえば、「すっきり贅沢抹茶」というノンカフェインのお茶は、妊婦さん向けに開発されたものなので問題なく飲めます。

 

含まれている成分は食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌やビフィズス菌など腸内環境を整えるのに役立つものばかり。妊婦さんに嬉しい葉酸も入っている上、昔から妊婦さんが安心してお茶として飲める、ノンカフェインでタンニンを含まない桑の葉も入っています。

 

妊娠中は無理に藍の快調サポートを続けようとせず、「すっきり贅沢抹茶」のように安心して飲めるアイテムに変更してみてはいかがでしょうか。

 

>>すっきり贅沢抹茶のキャンペーンを見てみる

 

まとめ

藍の快調サポートは便秘解消のために多くの成分を含んでおり、妊婦さんや赤ちゃんが摂取するには向いていません。

 

配合されているキダチアロエやプロポリスが、どのような影響を与えるか分からないためです。

 

子宮収縮などのリスクもあるため、妊娠中から授乳期間は無理して藍の快調サポートを続けず、適宜その状況に合ったもので代用することも大切です。

 

>>無添加で安心!おすすめのオリゴ糖ランキングを見てみる

悩みにピッタリな対策を見つけて下さい