無添加オリゴ糖のおすすめナビ

あなたの悩みにピッタリな解決策を見つけて下さい!

上記のように、便秘は様々な世代・性別の人の悩みとして存在しています。
「もう何日出てないかわからない・・・」そんな人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんな悩みは「腸内フローラ」を改善できるオリゴ糖を飲めば解決できます! 

 

腸内フローラとは

腸内フローラとは、腸の中に住んでいるたくさんの細菌の集まりのことです。
顕微鏡で覗くと、植物が生えているように見えることから「お花畑」を指すフローラと呼ばれています。

 

この腸内フローラの中には下記のような菌が住んでいます。

  • お腹の調子を良くする善玉菌
  • お腹の調子を悪くする悪玉菌
  • 悪玉菌・善玉菌の手伝いをする日和見菌

 

特にこの「日和見菌」は、善玉菌と悪玉菌の優勢な方に協力するという性質があります。

 

よって、常に善玉菌を腸の中で多い状態にしておくことが便秘の解決策!
そして、その善玉菌の元気の素となるのが「オリゴ糖」なのです。

 

そこで今回は、そんな善玉菌のご飯となる「オリゴ糖」の中でも、
「無添加で安心安全なオリゴ糖」をご紹介させていただきます。

 

妊婦さんや赤ちゃん、小さなお子さんでも安心して飲んでいただけますので、ぜひより良い腸内環境を手に入れて下さい♪

 

無添加で赤ちゃん・妊婦でも飲める おすすめのオリゴ糖

カイテキオリゴの特徴

日本一売れているオリゴ糖! このサイト経由なら「初回半額」で購入可能。

>>ホームページを見てみる

評価 評価5
カイテキオリゴの総評

日本で一番売れているオリゴ糖
購入者のリピート率94.8%
25日間の返金保証
モンドセレクション最高金賞受賞

「1分間に1個」というペースでどんどん売れている人気のオリゴ糖が、今回一番オススメの「カイテキオリゴ」です。



しかもEOS理論という独自の方法で複数種類のオリゴ糖を組み合わせているので、今までオリゴ糖を飲んだけど効かなかった・・・という方にもオススメできる商品なんです。


使っている途中に湿気を吸ってしまってカチカチに・・・という砂糖あるあるもカイテキオリゴなら大丈夫!最後まで固まらずに使えますよ♪



このサイトから申し込んだら、初めての人に限り半額で試せちゃいます!


オリゴのおかげダブルサポートの特徴

個包装で持ち運びに便利! トクホ認定の乳果オリゴ糖を使っています

>>ホームページを見てみる

評価
オリゴのおかげダブルサポートの総評

トクホ認定の乳果オリゴ糖を使っているので、確実に腸に届く!
自社工場で製造しており、一切の添加物なし!
個別包装になっているので、持ち歩きに便利♪
90%の方が1週間以内に効果を実感!
購入者の93%が継続

トクホ認定の乳果オリゴ糖を使っているのが「オリゴのおかげダブルサポート」です。


「オリゴのおかげ」はシロップタイプもありますが、無添加の安心安全なオリゴ糖がいいという方は顆粒タイプをオススメします。


1種類のオリゴ糖しか入っていないので、軽い便秘の方にはオススメです。ですが、オリゴのおかげでも改善されない場合は、複数のオリゴ糖が入った「カイテキオリゴ」をオススメします。



はぐくみオリゴの特徴

口が大きく開くのでオリゴ糖を取り出しやすい。反面湿気で固まりやすいという弱点も・・・

>>ホームページを見てみる

評価
はぐくみオリゴの総評

5種類のオリゴ糖をブレンド
妊娠専門の会社が作っているオリゴ糖
10日間の返金保証

妊婦向けに様々な商品を出している会社が作っているのが「はぐくみオリゴ」です。


他の商品と違い横長のパッケージなので一気に量を使う際には便利だと思います。


反面オリゴ糖が湿気に触れる面積が多くなるので、使っている途中で湿気で固まってしまって・・・ということがよくありました。


 

 

オリゴ糖が体に良いと聞いたことがあっても、その理由を知らない人も多いのではないでしょうか。

 

なぜオリゴ糖を食べると健康に良いのか、オリゴ糖の何が効果を発揮するのか、こちらにまとめてみました。

 

健康を意識した食生活を始めるために、まずはオリゴ糖について知ってください。

 

オリゴ糖とは?砂糖とは違う甘味料の正体

オリゴ糖は甘味料の一種で、通販でも簡単に手に入る身近な存在です。

 

液体のものもあれば粉末状のものも販売されているため、人工甘味料のような印象を受けるかもしれません。

 

実際には、オリゴ糖は天然甘味料に分類されるので、人工甘味料に抵抗のある人でも安心して食べることが可能です。

 

自然の植物などから製造される甘味料であり、母乳にも含まれていることから、人間の体にもなじみやすい特徴を持っています。

 

天然甘味料とは対極の人工甘味料は、アスパルテーム、スクラロース、ステビアなどが挙げられます。

 

少量で砂糖の数百倍以上の甘さを感じられる特徴があり、食品のカロリーや製造コストが抑えられるメリットを持っています。

 

ダイエット食品や清涼飲料水、安価なお菓子にも多く使われているこれらの成分を、多くの人が自覚のないまま摂取しています。

 

しかし健康的な懸念の声も多い上、ダイエットどころか過食を引き起こす副作用があるとも言われています。

 

オリゴ糖は、これら人工甘味料のように少量でとても甘く感じる、というメリットはありませんが、腸内環境を整える手伝いとなる力を持っています。

 

食べると逆に甘いものを欲しくなる人工甘味料のような、ダイエットの大敵と言える困った副作用もありません。

 

そのため健康的な食品を選びたい人や、ダイエットを健康的に行いたい人は、腸のはたらきを助けるオリゴ糖をはじめとした天然甘味料の方がおすすめです。

 

オリゴ糖の種類とそれぞれの効果

天然甘味料のオリゴ糖ですが、一口にオリゴ糖と言っても、こまかく分けると植物由来のものや動物由来のものがあり、それぞれ異なる特徴を持っています。

 

健康効果を狙ってオリゴ糖を食生活に取り入れるなら、自身の目的に合った種類のオリゴ糖を選ぶ必要があります。

  • 大豆オリゴ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • イソマルトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • ラフィノース

大豆オリゴ糖

大豆に含まれるオリゴ糖で、熱や酸に強いメリットを持っています。砂糖のような甘さを持っていながら、カロリーはその約半分。

 

しかも、少量の摂取で腸内環境を改善してくれるため、便秘対策に向いています。

 

乳果オリゴ糖

サトウキビに含まれるショ糖に母乳や牛乳に含まれる乳糖を組み合わせて作られます。

 

大豆オリゴ糖や通常の砂糖と同じくらいの甘さがありながら、カロリーは砂糖の約半分。

 

ヨーグルトでも摂取できるオリゴ糖で、免疫力を強めたりビフィズス菌の活性化にも効果的です。

 

キシロオリゴ糖

タケノコやトウモロコシなどに含まれており、砂糖よりも控えめな甘さです。

 

カロリーは砂糖の約半分で、腸まで届きやすい強さをもっています。腸の調子を整える力とカルシウムの消化吸収を高める力が期待できます。

 

フラクトオリゴ糖

ハチミツの他、玉ねぎ、ゴボウ、トマト、バナナなどに含まれているオリゴ糖です。

 

甘さはキシロオリゴ糖と同じく控えめで、砂糖の約半分ほどのカロリーです。

 

カルシウムなどミネラルの吸収を良くしてくれるため、カルシウムの多い食品と摂取することで骨密度低下の予防になります。

 

イソマルトオリゴ糖

熱や酸に強い一方で、他のオリゴ糖に比べて腸内環境の改善にはあまり向いていないタイプです。

 

清酒や味噌、醤油などに含まれており、甘さは控えめです。ただし、カロリーは砂糖より若干低い程度。

 

消化性が良く、腸まで届く量が少ないため、整腸作用は他のオリゴ糖に若干劣る特徴を持っています。

 

ただし虫歯予防の効果は期待でき、熱に強いことからも、料理の調味料としてぴったりです。  

 

ガラクトオリゴ糖

牛乳や母乳に多く含まれると言われるオリゴ糖で、乳糖と酵素を組み合わせることで作られます。

 

砂糖の約4分の1程度の甘さしかありませんが、その分カロリーも低めです。

 

熱や酸に強く、腸の調子を整えて便秘改善に役立ってくれます。

 

ラフィノース

ビート(砂糖大根)という根菜の他、大豆やユーカリ樹液に含まれるオリゴ糖です。

 

かなり控えめな甘さで、砂糖の4分の1程度の甘さしかないガラクトオリゴ糖よりも甘くないものです。

 

カロリーは砂糖の半分ほどで、貴重品なため、高価になりやすいオリゴ糖でもあります。

 

難消化性のためエネルギーとして取り込まれにくく、ダイエットや免疫力の強化に役立ちます。

 

おすすめのオリゴ糖は大豆と乳果

程度の差はあれど、どのオリゴ糖にも整腸作用があります。

 

それは腸内の善玉菌のエサとなることで、善玉菌の増殖を促進する効果があるためです。

 

腸内で善玉菌に食べられてエネルギーとなることで、善玉菌の増殖を促進したり、悪玉菌と戦えるほど活性化させたりするのがオリゴ糖です。

 

お腹の調子を整えたりダイエット効果を期待する場合は、基本的にどのオリゴ糖を選んでも問題ありません。

 

紹介したオリゴ糖の中で、胃で消化されにくい「難消化性」のものはいくつかあります。

 

しかし「絶対に腸まで届きますよ!」と謳っていいのは乳果オリゴ糖だけなんです!

 

乳果オリゴ糖は胃酸にも強く、胃酸や小腸で分解されてしまうのはわずか2%前後。残りの8割以上が大腸にまでしっかり届くのです。

 

他のオリゴ糖も健康を目指す観点で見ると魅力的ですが、食べ過ぎると下痢やガスの原因となったり高価であったり、甘さが十分ではなかったりと扱いが難しいものばかりです。

 

 



>>おすすめのオリゴ糖ランキングをもう一度見る