幼児(子供)の特徴とは・・・

幼児(子供)の特徴とは・・・

卒乳すると、子どものうんちはだいぶ大人っぽくなってきます。

 

それまでは、特に母乳の場合は食べ物の消化・吸収を助けたり、腸の粘膜を保護してくれていました。

 

卒乳すると、頼りになるのは子ども自身の腸に棲む善玉菌だけになります。

 

それまでうんちが毎日順調に出ていたものの、卒乳したとたんにうんちの回数が減ったり、下痢気味になってしまうことがあります。

 

その場合、離乳食の消化を良くしてあげることが必要です。

 

おかゆやうどんをくたくたになるまで煮てあげたりといった細かく・柔らかく・水分の多い離乳食を心掛けましょう。

 

しばらくはそういった料理を与えて、うんちの状態が改善されたら、徐々に硬さを増していきます。

 

そうして離乳食がきちんと食べられるようになる頃には、うんちの臭いは大人とほぼ同じような状態になります。

 

 

また、卒乳と同時に、牛乳やフォローアップミルクを飲ませるようになることが多いようですが、中には徐々に下痢をするようになっていく子どももいます。

 

これには牛乳に含まれる乳糖という物質が関わってきます。

 

子どもが乳糖不耐症という素因を持っていると、離乳すると小腸でラクターゼという酵素が十分に作られなくなります。

 

すると、牛乳や乳製品に多く含まれる乳糖を消化することができなくなってしまいます。

 

乳糖は、消化によってブドウ糖とガラクトースという物質に分解されます。

 

ガラクトースは、中枢神経系の成長に重要な役割を果たす物質です。

 

そのため、母乳や粉ミルクには、乳糖が含まれています。

 

乳児期までは小腸の粘膜でラクターゼが作られるため母乳を飲んでも平気ですが、それが徐々に減ってしまう場合があるので注意が必要です。

 

牛乳を飲ませるとお腹が下ってしまうという場合は、他の食品でしっかり栄養を補えれば問題ありませんので、無理に飲ませる必要はありません。

 

また、牛乳にアレルギーがある場合も飲むのを嫌がる場合があります。

 

そういった意味でも、無理やり牛乳を飲ませる必要はありません。

 

子ども自身で自分のうんちの変化に気づいて意識的に牛乳を避けられる年齢ではありませんので、普段からお母さんが子どものうんちの変化に気を配り、必要に応じて対応することが重要です。

 

なお、幼児の段階から便秘に悩む赤ちゃんが多いという声もたくさん聞いております。

 

その場合、便秘薬を飲ませるわけにもいかず悩まれるお母さんも多いのではないでしょうか。

 

そんな時は天然成分100%のオリゴ糖で便秘改善を行うのが一番です!

 

ヨーグルトなどで頑張って外部から取り入れても、腸まで届かないことがほとんどです。

 

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は どれだけ留まってくれるか不明です。

 

その点、オリゴ糖は大腸まで届き、 腸内で元から生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となります。

 

これによって、善玉菌が元気に活躍できる腸内環境を作ってくれるのです。

 

私が実際に飲んで「これはいい!」と思った天然成分100%オリゴ糖はこちら!