腸内フローラを改善するために、人の便を移植する「糞便移植療法」とは

日本で16万人が悩んでいると言われている病気が「潰瘍性大腸炎」です。

 

この病気は原因が分からず治療が難しい病気と言われています。

 

ですが最近ではこの病気の治療に腸内フローラが正常な人の便を移植するのが良いと言われています。

 

この記事ではそんな「糞便移植療法」を説明いたします。

 

潰瘍性大腸炎の初期症状とは

潰瘍性大腸炎にかかった際の初期症状としては、下痢によって便が柔らかくなったり回数が増えたりします。

 

また便の中に血が混ざる血便が出ることもあります。

 

便以外の症状で言いますと、痙攣を伴う持続的な複数が起きることが認められています。

 

もしこのような症状を感じたら早めに病院に行くようにしましょう。

 

潰瘍性大腸炎の治療に有効な「糞便移植療法」とは

潰瘍性大腸炎の問題の1つとして、その人の腸内フローラが正常に働いていないことがあります。

 

よって腸内フローラを正常化させるために「糞便移植療法」が行われます。

 

具体的な方法としては、まず正常な腸内フローラを持っている人の便を生理食塩水で薄めます。

 

その後食物繊維などのかすを取り除くためにフィルターで漉します。

 

その最後に残った液体を内視鏡で大腸に注入します。

 

このようにして健全な菌を移します。

 

 

腸内フローラ改善で改善が期待される症状とは?

潰瘍性大腸炎以外にも、腸内フローラの改善で症状が改善する可能性がある病気はあるのでしょうか。

 

腸内フローラは大腸内の悪玉菌の発生抑制や毒素の排出を積極的に行ってくれます。

 

この毒素排出の働きによって、肥満改善やダイエット効果が期待されています。

 

また、善玉菌が増えることで悪玉コレステロールが減り善玉コレステロールが増えます。

 

これによって血のどろどろが改善され、高血圧が改善する可能性があることも言われています。

 

「糞便移植療法」が広がる可能性はあるの?

今のところは倫理的な問題から、糞便の移植を行うのを2親等以内となっているようです。

 

また、移植元となる糞便の提供を行うには病院が実施している検査を全てパスする必要があります。

 

つまり、もし2親等以内に健全な糞便を持っている人がいない場合、この治療方法は使えないということになってしまいます。

 

なお、必ずしも健全な便から移植した腸内フローラが移転先の人の腸内で定着するとも限りません。

 

腸内フローラ内の菌は数億個いますので、万が一それらの菌と合わない場合はすぐに大便として排出されてしまいます。