ノロウィルスに感染した時は・・・

ノロウィルスに感染した時は・・・

毎冬流行し、ニュースなどでも取り上げられるのが、感染力の強いノロウィルス。

 

特に冬季に流行するため、以前から「おなかの風邪」と呼ばれていたものです。

 

感染力が強く、ほんの少しのウイルスでも感染してしまいます。

 

二枚貝を生で食べたり、ウィルスを含むおう吐物が乾いて空気中に舞っているものを知らないうちに吸ってしまったり・・・と、外出先で知らないうちに感染を引き起こしてしまいます。

 

 

ノロウィルスに感染すると、まず吐き気・嘔吐が始まります。

 

そして続いて腹痛・下痢が起こり、中には発熱を伴う場合もあります。

 

ある程度の体力がある人であれば重症化することは少なく、多くが3日程度で回復します。

 

この時の下痢は、とにかく水っぽいうんちが出ます。

 

そのため、すぐに体が脱水症状に陥ってしまいます。

 

よく下痢を早く止めたいから水分を控える、という人がいますが、非常に危険です。

 

ノロウィルスによる下痢の際は、むしろ積極的にこまめな水分補給をしてください。

 

 

ノロウィルスは、ウィルス自体をやっつけるような薬がありません。

 

腸内で増殖するウィルスを早く体外へ排出するために体が反応して下痢を起こしているのです。

 

ここでもしも下痢止めを飲んでしまうと、せっかくのウィルス排出の機会を失ってしまうことになります。

 

脱水症状になっってしまったら、点滴などの対処が必要です。

 

また、症状が治まった後、1週間~1ヶ月程度ウイルスは消えておらず、うんちに含まれています。

 

その間に家族などに感染させてしまわないように注意が必要です。

 

予防法の基本となるのは、手洗いうがいです。

 

また、二枚貝をはじめとして様々な食品に含まれている場合があるので、加熱してから食べるようにしましょう。

 

もしも、おう吐物やうんちを自分で処理しなければならなくなった時は、塩素系の消毒薬を用いて、十分に消毒してください。

 

使い捨てのマスクと手袋を着用し、ウイルスが飛び散らないようにそうっと、使い捨てタオルなどを使って外側から内側に向けて静かに拭き取りましょう。

 

掃除機はウィルスをまき散らす恐れがあるので、使用厳禁です。