痔にかかった時のうんちとは・・・

痔にかかった時のうんちとは・・・

痔になると、肛門の傷口から出血することが多くなります。

 

そしてそのちがうんちの表面に付着してしまいます。

 

トイレットペーパーにも血が付いて、びっくりすることもあります。

 

~うんちの「色」編~で勉強したように、うんちに血がついていたり赤くなっていたりすると場合によっては重大な病気が隠れていることがあるので心配になってしまいがち。

 

しかし原因が痔であると特定できれば、痔の治療をして出血しないように注意できます。

 

痔になってしまう原因の多くは、便秘です。

 

固いうんちを無理やり出す際に肛門が傷ついてしまうことが多いのです。

 

特に、便秘になると、うんちがすんなり出てきてくれないのでついついふんばってしまいますが、それによって肛門周辺の血管に血液が集まって充血します。

 

すると、血管が傷つきやすく、また、一度出血すると多くの血が出るようになってしまいます。

 

この時、傷が裂けた場合はいわゆる「切れ痔」になります。

 

また、肛門の血管がうっ血してこぶ状になってしまう「いぼ痔」と呼ばれるタイプの痔になります。

 

 

つまり、痔を治すためにはまず、その原因となっている便秘を治すことが必要不可欠というわけです。

 

痔になると、その影響で傷が痛んだり、肛門が塞がってしまったり、固くなってしまったりします。

 

すると、うんちがしにくくなってしまい、なかなか積極的にトイレに行くような気分ではなくなってしまうことも。

 

その結果、余計に便秘が悪化していうという悪循環に陥りがちです。

 

良く知られている塗り薬の他にうんちを柔らかくする飲み薬もありますので、痔になったら早めに病院で相談しましょう。

 

また逆に、下痢をしている状態も痔の原因になると言われています。

 

そもそも、下痢になるということは何らかの原因で腸が弱っているということです。

 

もし病原菌が腸内で繁殖しれば、それらが産生する毒素で肛門周辺の粘膜が刺激を受けてしまいます。

 

下痢の時に、肛門がヒリヒリした経験は、誰もがあるでしょう。

 

また、下痢のうんちは液状に近いため、勢い良く排出され過ぎて肛門への刺激となってしまいます。

 

下痢を防ぐために、普段から食生活を整えて腸内環境を正常に保つよう心掛けましょう。