嵌頓痔核になった時の便の色は?

嵌頓痔核になった時の便の色は?

嵌頓(かんとん)痔核になると、肛門付近からの出血で便の色が赤くなります。

 

体内で便の中に血が混じるというよりは、内痔核と同じように排便時に出血するのです。もちろん強烈な痛みも伴います!

 

さて、深刻なお尻の病気である「嵌頓痔核」とは一体どのような病気なのでしょうか?

 

■嵌頓(かんとん)痔核とは?

嵌頓痔核とは、痔の種類の1つです。

 

嵌頓(かんとん)とは痔核内に血栓が出来ることで、痔核が肛門から脱出してしまって戻らなくなるという病気です。

 

指で触ると硬いしこりのように感じるので、常に肛門付近の違和感と痛みは消えません。

 

きちんと座っていられなくなったり、歩く時にも激しい痛みを伴うので、嵌頓痔核を患っている人は厳しい症状に悩まされています。

 

 

■嵌頓痔核は出血を伴う

嵌頓痔核は、イボがお尻の穴にしっかりはまり込んで、元に戻るのが困難になってしまうというひどい状態です。

 

ですから排便時に大量に出血したり、重症化すると膿が出てしまうことも珍しくはありません。

 

便の色が赤くなってしまうほど出血してしまうと、日常生活を送るのが困難なほどの痛みを感じることになるので、手術による治療が必要になる場合もあるのです。

 

痛みを我慢せずに、きちんと医師の診断を受けることが大切です。