過敏性腸症候群の時は・・・

過敏性腸症候群の時は・・・

過敏性腸症候群とは、心身にストレスを受けた際に腸の働きに影響が出て「下痢」または「便秘」を起こす病気です。

 

本人には原因がわからず、症状をどうにかしたいと思って病院へ行き、詳しく検査してみても腸などの消化器官には全く異常が見られずに対処に困ってしまうことも多々生じます。

 

症状としては、急な腹痛・下痢・便秘といった症状が、生活の中で繰り返し現れます。

 

原因がわからないことで余計に精神的に不安定になってしまうと、より病状が悪化してしまうという負のループに入ってしまうこともあります。

 

電車の中でよく症状が起こったりすると乗り物に乗れなくなってしまったり、仕事に行きづらくなってしまったり・・・と日常生活に多大な悪影響を与える場合もあります。

 

体質の他に精神的な要因も深くかかわってくるので、薬を飲む以外の治療法としてはカウンセリングが効果的な場合もあります。

 

どんな治療が向いているかは、病院で相談してみましょう。

 

 

■下痢

過敏性腸症候群では、心身のストレスに対して大腸が敏感に反応してしまいます。

 

すると、腸のぜん動運動が激しくなり、うんちに含まれる水分が大腸で吸収される前にあっという間に腸を通り過ぎます。

 

通常のうんちは、大腸にあるS状結腸という部分で一旦溜められますが、下痢の場合は液状なので溜めることができず、急に強い便意をもよおしてしまいます。

 

 

また、食べ物が胃に入ると大腸が反応してぜん動が活発になるのですが、過敏性腸症候群にかかっているとその反応が過剰に起こって何か食べるごとに下痢をしてしまう場合もあります。

 

 

■便秘

逆に、人によっては、ストレスを受けると腸のぜん動が弱くなってしまい大腸の中を便が通るのに長い時間がかかってしまい、その結果うんちの水分が腸に吸収されすぎてうんちが固くなり、便秘になってしまうこともあります。

 

 

また、腸がけいれんしてしまい、うんちが腸を通るときにところどころでせき止められ、ころころうんちの便秘になってしまうケースも。

 

過敏性腸症候群は、放っておいてもなかなか治りませんし、自分一人で治すことは非常に難しい病気です。

 

普段、どんな時にどんな症状が出るのかを手帳などを利用して記録しておくと、病院での治療に役立ちます。