赤ちゃんが胃潰瘍になった時の便の色は?

赤ちゃんが胃潰瘍になった時の便の色は?

胃潰瘍は大人がなる病気だと思っていませんか?

 

実はストレスとは無縁と思われがちな赤ちゃんも、胃潰瘍になるのです。

 

そして、気になる便の色は・・・黒色!真っ黒なウンチが出たら、お母さんがびっくりしてしまいますよね。

 

このように便の色が黒いのは、赤ちゃんにとって緊急事態。

 

それではなぜ、赤ちゃんが胃潰瘍になると便の色が黒くなるのでしょうか?

 

■赤ちゃんが胃潰瘍になる原因

出産時に赤ちゃんに大きなストレスがかかってしまった場合や、薬を服用して胃が弱っている時には、胃の粘膜が傷つきやすい状態になってしまいます。

 

ですから赤ちゃんでも、大人のように胃潰瘍になってしまうというのです。

 

 

■胃潰瘍になった時に、便の色が黒くなる理由

胃の粘膜が傷ついて出血すると、胃酸と反応を起こして血液は黒くなります。

 

そして便と黒くなった血液が混ざり合ってしまうので、便の色も黒く変化してしまうのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんがする真っ黒な胎便とは別に、黒い色の便が出たのなら要注意!

 

赤ちゃんの身体の中で何かしらの変化が起きている証拠ですから、すぐに病院を受診しましょう。

 

言葉を上手く話すことが出来ない赤ちゃんにとって、便の色や形、柔らかさなどは健康のバロメーターです。

 

普段から、しっかりとチェックしてあげましょう。