大腸ポリープにかかった時の便の色は?

大腸ポリープにかかった時の便の色は?

大腸ポリープにかかると、大腸に炎症が起きて潰瘍やびらんが出来てしまい、そこから出血してしまいます。

 

そうすると便の中に血が混じり、便の色が赤くなってしまうのです!

 

目で見てハッキリと出血が確認できる場合もありますが、便の中に血が混ざっているか検査をして発覚する場合もあります。

 

さて、大腸ポリープとはどのような病気なのでしょうか?

 

■大腸ポリープとは?

大腸に出来た突起状の病変のことを指します。

 

良性と悪性がありますが、悪性はガンを引き起こす可能性があるので注意しなければいけません。

 

またポリープは鼻・のど・胃・腸などさまざまな部分に出来ますが、特に胃や腸に出来たポリープは大きくなると、便の色に変化をきたします。

 

特に大腸ポリープの中でも、子供や若者に発生すると言われている「若年性ポリープ」は、比較的出血しやすいと言われています。

 

保護者が便の異変に気付いて、すぐに病院に連れて行くことが大切です。

 

 

■便の色が赤くなっていたら、すぐに病院を受診して

大腸ポリープの場合、便の色が赤くなっていたら、ポリープが大きくなっている証拠です。

 

もし良性の場合でも、近いうちに悪性のガンに変化するのを防ぐため、除去を薦める医師もいるでしょう。

 

とにかく便の色が赤くなっていたら、自己判断せずにすぐに病院で検査を受けましょう!