快腸肌潤は便秘に悩む人の中でも、とくに肌の悩みを抱えている方におすすめのサプリメントです。

 

ここでは、快腸肌潤に含まれている実際の成分のはたらきを取り上げ、どのような効果が期待できるかを解説しています。

 

きちんと安全性も機能も知りたい方は参考にしてみてください。

 

>>快腸肌潤をお得に購入できるキャンペーンを見てみる


>>BB536が入った、おすすめのビフィズス菌サプリを見てみる

 

快腸肌潤に入っている、すごい成分が肌にも良いワケ

快腸肌潤の原材料は、公式サイトによると以下のとおりです。

 

  • デンプン
  • ビフィズス菌末
  • 乳酸菌末
  • パイナップル果実エキス末
  • ヒドロキシプロピルメチルセルロース
  • シクロデキストリン
  • ステアリン酸カルシウム

 

乳成分や大豆由来の成分も配合されているため、アレルギーの心配がある方は注意してください。

 

複数の成分によって作られた快腸肌潤。その中でも、注目すべきはビフィズス菌末とパイナップル果実エキス末です。

 

便秘体質を腸内環境から改善するには、ビフィズス菌や乳酸菌が重要ということは、現代人の多くが何となく知っているのではないでしょうか。

 

しかし、乳酸菌やビフィズス菌にはいくつもの種類が存在し、それぞれ効果が異なることは、あまり知られていないかもしれません。

 

快腸肌潤に配合されているビフィズス菌は、BB536という種類のものです。

 

BB536は現在50種類以上確認されているビフィズス菌の中でも、ヒトの腸内に最適な種類のひとつ。

 

酸や酵素に強い特徴を持っており、胃酸に負けず腸まで生きたまま届きやすい菌です。

 

実は、もともと赤ちゃんの腸内から発見されたビフィズス菌なのです。

 

丈夫さとヒトの腸内環境との相性が良いことから、ヨーグルトをはじめとする多くの乳製品に配合されています。

 

BB536が腸内に多く存在すると、腸内環境改善によって便秘改善はもちろん、花粉症などを予防する効果も期待できます。

 

花粉症はいわばアレルギー反応の一種で、免疫バランスが崩れると起こる症状です。

 

腸内環境は免疫力も左右するため、BB536などで整えられた腸内環境が免疫力を高め、アレルギー反応を緩和してくれるのです。

 

また、ビフィズス菌BB536はカルシウムを吸収しやすい腸内にするため、骨の密度をアップさせるはたらきもあります。

 

カルシウム摂取のために乳製品を口にするときは、一緒に摂取しておきたいビフィズス菌です。

 

快腸肌潤のもうひとつの注目すべき成分、パイナップル果実エキス末は、お肌の悩みを抱えた人にとって嬉しい成分です。

 

パイナップル果実エキスには、グルコシルセラミドという成分が含まれており、このセラミドが皮膚機能を改善してくれます。

 

セラミドは私達の肌の角質層に存在し、水分を挟み込んで保持しています。そのため潤い成分として化粧品にも使われることが多いのですが、グルコシルセラミドはさらにその奥に存在します。

 

経口摂取による「肌の水分を減りにくくする」実験結果が発表されました。

 

パイナップル由来のグルコシルセラミドを原材料として販売する製薬会社が、その効果をもとに消費者庁に機能性表示食品として届け出ています。

 

届け出の資料によると、実験では、12週間継続してグルコシルセラミドを摂取した人の肌は構造から改善され、肌水分が蒸発する量が減ったそうです。

 

高い効果を発揮するものほど、怖いのが副作用。

 

こちらも消費者庁への届け出内で説明されていました。

 

通常摂取量の5倍の過剰摂取を12週間続けた人を調べたところ、通常量を摂取した人とほとんど変わらない状態であったと記載されています。

 

もともとセラミドは人間の角質にも存在している上、グルコシルセラミドは食品のパイナップル由来。過剰摂取しても問題はないとのことでした。

 

ただし、この実験結果からは過剰摂取しても効果が倍増しないことも判明しています。

 

早く改善したいからといって規定量以上の量を摂取しても効果が変わるわけではないので、その点だけ注意したほうが良いでしょう。

 

このように、快腸肌潤はビフィズス菌BB536による腸内環境改善効果に加え、グルコシルセラミドによる肌の水分量キープ力で、体質も肌質も改善が期待できます。

 

快腸肌潤で改善できる症状は便秘だけじゃない!

快腸肌潤は、ふたつの機能性関与成分(ビフィズス菌BB536とグルコシルセラミド)を日本で初めて組み合わせたサプリメントです。

 

生きたまま腸に届くビフィズス菌BB536は腸内環境を改善し、グルコシルセラミドは水分が蒸発しにくい肌にしてくれます。

 

たったそれだけ、と思うかもしれませんが、このふたつの効果は多くの症状改善につながるメリットを持っています。

 

ビフィズス菌BB536が腸内環境を改善することで得られるメリットや症状の改善は、以下のものがあげられます。

 

  • 便秘改善
  • 免疫力アップ
  • 肌荒れ改善
  • 大腸がん予防
  • 大腸以外の部位のがん予防
  • うつ病予防
  • 自律神経を整える

 

腸内環境を改善すると、善玉菌が増えて毒素を出す悪玉菌が減るため、腸のはたらきが正常となります。

 

結果、便秘改善や免疫力アップにつながるのです。

 

悪玉菌は毒素を出し、それが腸壁から血管へ入ると、全身に毒素がいきわたってしまいます。

 

よく便秘が続くとニキビなどの肌荒れが起きやすいと言いますが、それはこの悪玉菌による毒素が影響しています。

 

善玉菌を増やし、毒素を出す悪玉菌が減れば肌荒れは起きにくくなります。

 

この悪玉菌による毒素は、腸そのものにとってもダメージです。腸に炎症を起こすこともあり、何度も炎症を繰り返した結果大腸がんに発展することも。

 

日本人女性の死亡原因で多いのは、この大腸がん。

 

けして便秘だけが原因とは限りませんが、女性のほうが便秘になりやすい事情と合わせて考えると、大腸がんと便秘は切っても切れない関係と言えます。

 

腸内環境の改善は、大腸がんだけではなく他の部位のがんを予防することにもつながります。

 

その理由は、腸内環境改善による免疫力のアップにあります。

 

免疫力の一部を担う、NK(ナチュラルキラー)細胞は、がん細胞を攻撃し、がんになるのを予防してくれる存在です。

 

実際、がん治療の一種にNK細胞を活用した療法を用いている病院もあるほど。

 

NK細胞はがん以外の病気の原因となる細菌やウイルスにも有効です。

 

そのため、がん予防のみならず多くの病気予防の効果が期待できます。

 

近年は、うつ病への効果も注目されています。国立精神・神経医療研究センター神経研究所が大手飲料メーカーとの共同研究で発見したうつ病患者の特徴が、腸内の善玉菌が少ないことだそうです。

 

マウス実験では、ストレス状態にしたマウスへビフィズス菌を与えたところ、不安行動が改善されたデータもあります。

 

また、認知症の方は健康な高齢者に比べ腸内環境が悪く、善玉菌が少なかったというデータから、認知症へのなんらかの予防効果もあるのでは、という声もあります。

 

脳の神経伝達物質の元となるビタミンB群を作るのは腸内の善玉菌です。

 

善玉菌の少ない腸内環境ではビタミンB群が合成されにくく、腸内環境を整えることでビタミンB群を作りやすくし、脳のはたらきを間接的に助けることができます。

 

ビタミンB群はストレスへの抵抗力となるセロトニンを生成するアミノ酸「トリプトファン」を作るのにも役立っています。

 

腸内環境を整えてビタミンB群を作ることは、うつ病や認知症な脳のトラブル予防が期待できるのです。

 

もうひとつの成分グルコシルセラミドも、肌の水分保持を助けることで、多くの悩みにアプローチできます。

 

乾燥が原因のひとつである肌の悩み対策に有効です。

 

たとえば目尻の小ジワは、乾燥で肌の弾力が衰えたために起こりますし、たるみも乾燥が原因のひとつと言われています。

 

アトピーなど極度の敏感肌も、乾燥によって起こることがあり、肌の水分が蒸発するのを防ぐグルコシルセラミドのはたらきは、これらの症状対策に役立ちます。

 

もともと人間も持っている成分なので、肌質を選びません。あらゆる肌質に合うため、敏感肌用の化粧品にも用いることが可能です。

 

快腸肌潤の口コミ・評判を検証してみました

快腸肌潤は本当に効果があるのか、利用者のレビューなど口コミを調べてみました。

 

口コミでの評判は、以下のとおりです。

 

  • 1日1粒なので飲みやすい
  • 2週間くらいしてから効果が出た
  • 便秘解消の他、肌の調子も良くなった
  • 化粧ノリが良くなった
  • 便秘に効果はあったが肌は思ったほど潤わなかった
  • トイレの回数が多くなった

 

多くの方が評価しているのは、1日1粒で済む点と、便秘への効果でした。

 

サプリメントを続けにくい理由のひとつが、一度に飲む量の多さです。

 

何粒も飲まなくてはならないから、段々と数をかぞえて飲むのが面倒になってきた、という経験のある方は少なくないのではないでしょうか。

 

胃酸に強く、腸まで生きたまま届きやすいビフィズス菌BB536や乳酸菌のはたらきで、便秘への効果は高いようです。

 

むしろ効果がありすぎて大事なシーンでトイレに行きたくなり困った、という口コミもありました。

 

一方、人によって差が出たのが、肌への効果です。

 

明らかに肌の変化を感じた人もいれば、期待したような効果を実感できなかった人もいます。

 

しかし、思ったほど効果がなかったと評価する人の中には「化粧ノリが良くなったくらい」と多少の変化を感じたケースもあります。

 

レビューした人の肌質については明かされていなかっため、極端に乾燥していた人かもしれませんし、最初からそれほど肌が乾燥していなかった人かもしれません。

 

極端に乾燥していた場合は、ターンオーバーの周期もあって短期間では改善は難しいですし、それほど乾燥していなかった人は多少の変化しか起こらないでしょう。

 

肌の調子は、便秘解消のように変化が分かりやすい形で出るものではありません。

 

効果がイマイチだと感じた利用者の方々も、かすかな変化を見逃さないつもりで観察すると、思ったより変化が現れている可能性があります。

 

効果が得られない人は何が悪い?腸内環境が改善されない理由

快腸肌潤を飲んでみても想像したほど効果を感じない人もいます。

 

効果をしっかり感じた人とそうでない人の違いは何なのでしょうか。

 

快腸肌潤に含まれる機能性表示食品、ビフィズス菌BB536とグルコシルセラミドは、どちらも即効性は期待できない成分です。

 

たとえば、ビフィズス菌BB536が腸内環境を改善するには、人によっては半年近くかかることもあります。

 

ビフィズス菌BB536を摂取した数日後に一時的な変化を感じる人はいますが、それは一部のビフィズス菌のはたらきによるもの。

 

腸内環境そのものを改善するには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やさなければなりません。

 

そのため、中には数ヶ月間飲み続けなければ効果を実感できない人がいるのです。

 

グルコシルセラミドにも同じことが言えます。

 

肌のターンオーバーは28日ほどですが、加齢にともなって必要日数は増えていきます。

 

もしグルコシルセラミドによって肌の水分が逃げにくくなっても、すでにボロボロな肌では、ターンオーバーで健康な肌に替わるまで時間がかかります。

 

このどちらにも言えることが、「一定期間以上飲み続ける必要がある」こと。

 

短期間では本当の効果を実感できずに終わってしまいます。

 

快腸肌潤は1袋30日分の量です。

 

1袋試してみてちょっとした変化の兆しのようなものを感じた方は、もう少し続けてみてはいかがでしょうか。

 

何より、快腸肌潤の効果はあくまで補助機能である点を理解した生活を送るのが重要です。

 

いくら水分が蒸発しにくい肌になっても、溜め込んでおける水分自体が不足していては無意味です。

 

水分摂取は便秘改善にも必要なので、こまめに水分補給しましょう。

 

ちなみに、飲み方も大切です。

 

サプリメントは健康食品に分類されるので、基本的にいつ飲んでも問題ないものばかりです。

 

しかし、少しでも効果を上げたいのであれば、吸収されやすいタイミングで飲むのがおすすめ。

 

不規則な時間や食前に快腸肌潤を飲んでいる方は、食後に飲んでみてください。

 

食後は胃腸が活発に動いているため、吸収率がアップしています。

 

さらに食べ物で胃酸が薄まっていることから、ビフィズス菌が生きて腸まで届く量が多くなります。

 

快腸肌潤に含まれるビフィズス菌BB536は胃酸に強い種類ですが、胃酸が弱まったタイミングで飲むほうが生き残るビフィズス菌は増えます。

 

効果を実感しにくい方、さらに効果をアップさせたい方は、飲むタイミングを食後に変えてはいかがでしょうか。

 

>>快腸肌潤をお得に購入できるキャンペーンを見てみる


 

公式通販のお試しキャンペーンが安くておすすめ

快腸肌潤は定価で税込3,980円。

 

しかし、公式サイトの通販を利用する時に少し工夫するだけで、これが初回980円にまで下がるのをご存知でしょうか。

 

はじめて購入する場合のみ、75%割り引きされた税込み980円で購入できます。

 

さらに単品購入なら300円プラスされる送料が無料になります。

 

実質、定価より3,300円引きで買える方法です。

 

このお得なキャンペーンに申し込む条件は、初回購入者であり、定期コースで注文することです。

 

定期コースといっても他社のような「最低3回は購入してください」などの規約がないため、単品購入してすぐに解約できます。

 

続けるかわからないけれど、お得に購入したい。

 

そのような方は、まず送料無料の税込み980円で1袋買える定期コースがおすすめです。

 

まとめ

快腸肌潤は機能性食品であるビフィズス菌BB536とパイナップル由来のグルコシルセラミドを日本で初めて組み合わせたサプリメントです。

 

胃酸に負けず生きたまま腸まで届き、腸内環境の改善に役立つBB536と、肌表面から失われやすい水分を蒸発しにくくするグルコシルセラミド。

 

定期コースならお得に効果を楽しめるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

>>快腸肌潤をお得に購入できるキャンペーンを見てみる


>>BB536が入った、おすすめのビフィズス菌サプリを見てみる

快腸肌潤の効能・成分【効果でやすい? 効果なし? 口コミ・評判まとめ】記事一覧

快腸肌潤の効果は、腸内環境や肌のターンオーバーに合わせて長く続けるほど実感しやすくなります。長く快腸肌潤を続けるために、...

快腸肌潤をお得に購入する方法をご紹介します。単品買いと定期購入どちらが本当にお得なのか、定期購入に損するような落とし穴は...

快腸肌潤は妊婦さんや赤ちゃんの便秘対策に飲んで良いものなのか、その安全性についてご紹介します。成分ごとにチェックして、妊...