ホルモンバランスが変化するので、妊娠中は便秘に悩まされやすい時期です。

 

また、最近では便秘に悩む赤ちゃんも増えています。

 

便秘にオススメなのが、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能性表示食品・ビヒダスBB536です。

 

ビヒダスBB536は、妊婦さんや赤ちゃんでも飲めるのでしょうか。

 

妊婦さんと赤ちゃんの利用について解説します。

 

 

>>BB536が入った、おすすめのビフィズス菌サプリを見てみる

 

ビヒダス BB536は妊婦さんや赤ちゃんでも飲める?

ビヒダスBB536は、安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示される機能性表示食品です。

 

機能性を表示していますが食品であることには変わらないので、アレルギーなどがなければ妊娠中の方でも利用することはできます。

 

ただし、妊産婦を対象に開発された商品ではありません。

 

デリケートな時期なので、利用に不安を感じる方は定期健診などで医師に相談してください。

 

赤ちゃんの利用に関しても考え方は同じです。

 

食品なので、離乳食になれた12カ月ごろであれば利用することはできます。

 

この場合も、アレルギーなどに注意が必要です。

 

また、赤ちゃん用に開発された商品でもありません。

 

赤ちゃんも健康な大人に比べデリケートです。

 

利用に不安を感じる方は、念のため医師に相談してください。

 

妊婦さんと赤ちゃんに最適な飲み方は?

妊婦さんと12カ月以降の赤ちゃんはビヒダスBB536を利用することができます。

 

利用にあたりどのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

知っておきたいポイントを解説します。

 

妊婦さんはどうやって飲めばよい?

妊婦さんの利用方法は、妊娠していない健康な大人と同じです。

 

1日の目安量である2カプセルを忘れずに飲みます。

 

気をつけたいポイントは、すぐに実感できなくても続けることです。

 

外からビフィズス菌BB536を補っても、すぐに腸内環境は改善しません。

 

ホルモンバランスが乱れる妊娠期間中は、この傾向が強くなります。

 

ビフィズス菌BB536を含む食品を摂りつづけることで、排便回数の増加が確認されています。

 

諦めずに、一定の期間はとり続けることが重要です。

 

飲むことを忘れてしまう方には、飲むタイミングを決めることがオススメされています。

 

例えば、朝食後に飲むことをルールにしておけば忘れることが少なくなります。

 

忘れにくいタイミングを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

妊婦さんが飲むにあたり難しい点はありません。

 

一定の期間、目安量を忘れずに飲みましょう。

 

赤ちゃんはどうやって飲めばよい?

赤ちゃんの利用方法は大人と異なります。

 

カプセルをそのまま飲ませるとのどに詰めてしまう恐れがあるからです。

 

赤ちゃんに与えるときは、ビヒダスBB536のカプセルを開けて中身を取り出します。

 

取り出した中身を食品に振りかけて与えます。

 

食品は、ヨーグルトなど赤ちゃんが食べやすいもので構いません。

 

気をつけたいポイントは、赤ちゃんに与える量です。

 

大人と同じ量(1日2カプセル)を与えると、お腹が緩くなるなどの影響が現れる恐れがあります。

 

赤ちゃんには、少量から様子を見ながら与えます。

 

大人が利用するときよりも、赤ちゃんには慎重に与えてください。

 

まとめ

ビヒダスBB536は機能性表示食品ですが、食品であることに変わりはありません。

 

そのため、アレルギーなどがなければ妊娠中の方や赤ちゃんでも利用できます。

 

妊婦さんの飲み方は妊娠していない大人と同じです。

 

続けることが重要なので、実感できなくても一定の期間は飲み続けてください。

 

赤ちゃんの飲み方は大人と異なります。

 

カプセルを空けて中身を取り出し、取り出した中身をヨーグルトなどに振りかけて与えます。

 

大人と同じ量を与えるとお腹が緩くなるなどの影響が現れるかもしれません。

 

少しずつ様子を見ながら与えることがポイントです。

 

妊婦さん・赤ちゃんはデリケートです。

 

少しでも不安を感じる方はビヒダスBB536を利用する前に医師に相談してください。

 

>>BB536が入った、おすすめのビフィズス菌サプリを見てみる