最近腸内フローラという言葉が有名になり、腸内にたくさんの菌が住んでいるということを知っている人が増えてきました。

 

それに伴い、善玉菌を増やそうとヨーグルトや乳酸菌・ビフィズス菌の入ったサプリを積極的に摂っている方も増えてきていますね。

 

ですが、そのヨーグルトやサプリが意味ないってご存知でしたか?

 

乳酸菌やビフィズス菌という善玉菌は胃酸に弱く、多くは腸に届く前に死んでしまうのです。

 

結果、いくら腸に良いものを食べても便秘が改善しないという事態に・・・。

 

 

しかし、胃酸に強い「BB536」というビフィズス菌であれば生きて腸までたどり着くことが出来るんです!

 

実際に、BB536を摂取した人と摂取してない人では下記のような違いが出ています。

 

 

よって、「ビフィズス菌サプリ」を選ぶのであれば「BB536」を使っているかどうかを見るのが重要なんです。

 

そこで今回は、BB536が入っているサプリメントの中から「安心」かつ「人気」のサプリメントをピックアップしました!

 

これからビフィズス菌サプリを試したい!という人も、今も飲んでるけど効果を感じない!という人も是非ご覧ください。

 

BB536が入っている、おすすめのビフィズス菌サプリまとめ

快腸サポートの特徴

初回お試し1,000円! 1日2粒でビフィズス菌BB536を50億個摂取可能。

>>ホームページを見てみる

評価 評価5
快腸サポートの総評

  • 初回お試し税込1,000円 送料無料
  • 2回目以降も10%オフで継続可能
  • 1日71円で健康な腸に!

 

みなさんご存知の「ファンケル」が作っているビフィズス菌サプリが「快腸サポート」です!
1日2粒のカプセルを飲むだけでビフィズス菌を合計51億個も摂取できます。

 

元々胃酸には強いBB536ですが、ファンケルはさらに「生きた菌を胃酸から守る製法」を適用。
胃酸がカプセル内に入って来てもビフィズス菌が守られるようになっています。

 

 

しかも、2回目以降の金額で考えても「1日あたり71円」とかなりお得♪
いつでも解約できるのは、商品に自信がある証拠!

 

ビヒダスBB536の特徴

BB536含有量最多! 森永乳業が作ってるから安心安全

>>ホームページを見てみる

評価
ビヒダスBB536の総評

  • 初回お試し税込1,835円 送料無料
  • 2回目以降も10%オフで継続可能
  • 1日110円でビフィズス菌を150億個摂取

 

ヨーグルトやビフィズス菌といえば森永乳業ですよね。

 

ビヒダスBB536はそんな森永乳業が昔から改善を重ねてきた商品です。

 

ビフィズス菌の含有量は今回紹介している商品の中で最多の1日あたり150億個。

 

ビフィズス菌をどんどん取り入れて腸内環境を改善したい! という方にはおすすめです。

 

2回目以降の金額は「1日あたり110円」とジュース1本分程度。
いつでも解約できるのは嬉しいですね。

 

 

ちょーきれい!善玉ガードの特徴

初回お試し1,980円 お子さんやアレルギーの方でも安心な「23品目アレルギーフリー」

>>ホームページを見てみる

評価
ちょーきれい!善玉ガードの総評

  • 「お子様がいる女性が選んだ人気ランキング」 1位
  • 「お母さんも一緒」コースなら、2回目以降20%オフ
  • 23品目アレルギーフリーなので、デリケートなお子さんも安心

 

お子さん向けに作られているのが「ちょーきれい!善玉ガード」です。

 

「お子様がいる女性が選んだ人気ランキング」 1位や、モンドセレクション銀賞に選ばれるなどみんなから支持されているサプリです。

 

しかも23品目アレルギーフリーということで、デリケートなお子さんでも安心して腸内改善できますね♪

 

いつでも解約できますし、電話ではなくメールで解約できるのも楽ですね。

 

バイタルフローラの特徴

初回お試し1,980円 ライザップが作っているビフィズス菌サプリです。

>>ホームページを見てみる

評価
バイタルフローラの総評

  • ライザップがトレーニング中の腸環境改善に作ったサプリ
  • ビフィズス菌と一緒にオリゴ糖も接種可能

 

ライザップが作ったビフィズス菌サプリが「バイタルフローラ」です。

 

1日2粒で20億個のビフィズス菌BB536を摂れるのに加え、ミルクオリゴ糖も摂取できます。

 

2回目以降が5,000円近くと他より高いのですが、「ライザップが作ってるなら」と思える方にはおすすめです!

 

 

 

毎朝、スッキリできないと一日を気持ちよく始められませんよね。

 

お悩みの方は「効果が出やすい!」と人気を集めるビフィズス菌サプリを試してみるとよいかもしれません。

 

オススメのビフィズス菌サプリを比較しているので、自分に合いそうなものを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

まずは、ビフィズス菌サプリを選ぶ前に知っておきたい基本的なポイントを解説します。

 

ビフィズス菌サプリのメリット

毎朝のスッキリ対策として、様々な方法を試すことができます。

 

中でも、オススメなのがビフィズス菌サプリです。

 

ビフィズス菌サプリは、ビフィズス菌をぎゅっと詰め込んだサプリです。

 

ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖などを一緒に配合しているものもあります。

 

ビフィズス菌は、腸内に数百種類ほど生息している腸内細菌のひとつです。

 

腸内細菌は、身体によい影響をもたらす善玉菌、身体に悪い影響をもたらす悪玉菌、良い影響も悪影響ももたらす可能性がある日和見菌に分かれます。

 

ビフィズス菌は善玉菌の代表格です。

 

腸内では、これらの細菌が勢力争いを繰り広げながらバランスを保っています。

 

毎朝、スッキリできない方は腸内で悪玉菌が優勢になりがちといわれています。

 

悪玉菌には、腸内で腐敗産物を作り出しため込む働きがあるからです。

 

腸内に腐敗産物がたまると、それをエサに悪玉菌はますます増殖します。

 

スッキリできないと、悪玉菌が増殖してさらにスッキリできなくなる恐れがあるのです。

 

悪玉菌には、腸内で有害物質を作り出す働きもあります。

 

有害物質が腸から吸収されて全身を巡ると、全身に様々な悪影響が及ぶとされています。

 

単に、スッキリできないだけで済まないことがあるので、スッキリできない方は気をつけましょう。

 

乱れた腸内環境を改善するとされているのがビフィズス菌などの善玉菌です。

 

ビフィズス菌は、糖をエサに酢酸や乳酸を作り出し、腸内を酸性に傾けることで悪玉菌の繁殖を防ぎます。

 

ビフィズス菌をはじめとした善玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す腐敗産物が減るため腸内環境は整います。

 

また、酢酸や乳酸には腸の蠕動運動を活発にする働きもあります。

 

つまり、腸内でビフィズス菌が増えるとスッキリを実感しやすくなるのです。

 

また、ビフィズス菌が作り出す酢酸には、腸管の上皮を丈夫にする働きも期待できます。

 

この働きにより、病原性大腸菌O-157が作り出す毒素が体内に吸収されにくくなります。

 

ビフィズス菌には、恐ろしい病原性大腸菌から健康を守る働きも期待できるのです。

 

以上のほかでは、葉酸をはじめとしたビタミンB群を作る働き、栄養の吸収を助ける働きなども期待できます。

 

また、アレルギー症状を抑える働きやインフルエンザなどの感染症を予防する働きなども期待されています。

 

ビフィズス菌は、スッキリ以外にも様々なうれしい働きを期待できる善玉菌といえるでしょう。

 

ビフィズス菌サプリのメリットは、体外から体内へビフィズス菌を効率よく取り入れられる点にあります。

 

体内に取り入れたビフィズス菌は、生きたまま腸に届くグループと死んで腸に届くグループに分かれます。

 

生きたまま腸に届くグループは、健康に様々な働きをもたらしてくれるといわれています。

 

死んで腸に届くグループも無駄になるわけではありません。

 

腸内環境に好影響をもたらすことが分かっているからです。

 

出来れば生きたまま腸に届けたいビフィズス菌ですが、腸に届くまでの間に死んでも無駄になることはありません。

 

この点から見ても、ビフィズス菌サプリを利用するメリットは大きいといえるでしょう。

 

ヒト由来と動物由来のビフィズス菌がサプリに配合されている

ビフィズス菌サプリに配合されているビフィズス菌は、大きく2つのグループに分けることができます。

 

ひとつがヒト由来のビフィズス菌、もう一つが動物由来のビフィズス菌です。

 

人の腸内からは10種類以上のビフィズス菌が発見されています。

 

同様に、動物の腸内からも様々な種類のビフィズス菌が発見されています。

 

ビフィズス菌サプリを選ぶときは、配合されているビフィズス菌がヒト由来か動物由来か確認したほうが良いでしょう。

 

腸内環境との相性に違いがあると考えられているからです。

 

ヒト由来と動物由来のビフィズス菌では、どちらがオススメなのでしょうか。

 

ヒト由来のビフィズス菌がオススメ!

動物由来のビフィズス菌がダメというわけではありませんが、これからビフィズス菌サプリを選ぶ方にはヒト由来のビフィズス菌をオススメします。

 

ヒトの腸内と動物の腸内に生息するビフィズス菌は異なるからです。

 

ヒトの腸内に生息するビフィズス菌が、動物の腸内から発見されることはほとんどありません。

 

動物の腸内に生息するビフィズス菌が、人の腸内に住み着くことはないと考えられています。

 

ヒトの腸内に生息するビフィズス菌と動物の腸内に生息するビフィズス菌では、好む環境が異なると考えられるのでヒト由来のビフィズス菌の方がオススメなのです。

 

その中でもオススメなのは胃酸に強いBB536

ヒト由来のビフィズス菌の中で、特にオススメといえるのがビフィズス菌BB536です。

 

ビフィズス菌BB536は、1969年に健康な乳児から発見されました。

 

以後、約半世紀にわたり様々な研究や製品への応用が行われた信頼性の高いビフィズス菌です。

 

これまで30カ国以上でサプリメントなどに利用されています。

 

ビフィズス菌BB536の大きな特徴とされているのが、他のビフィズス菌に比べて酸に強いことです。

 

経口摂取しても、胃酸などの影響を受けにくいので生きたまま腸まで届きます。

 

生きたまま腸まで届いたビフィズス菌は、腸内で酢酸や乳酸を作り出し、腸内環境を酸性に保つと考えられています。

 

腸内環境が酸性に保たれると悪玉菌は繁殖しづらくなります。

 

また、腸内に定着することで悪玉菌が増殖する場所を奪う効果も期待できます。

 

実際に、ビフィズス菌BB536を用いた実験で、ビフィズス菌の割合が増えたことや排便回数が増加したこと、有害物質の濃度が低下したことなどが確認されています。

 

ビフィズス菌BB536は、身体にうれしいビフィズス菌といえるでしょう。

 

どのビフィズス菌サプリを選べばよいか分からない方は、ビフィズス菌BB536を配合したものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ビフィズス菌を活性化するオリゴ糖

腸内のビフィズス菌を活性化するにはエサが必要です。

 

ビフィズス菌を効率よく活性化するといわれているのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖とは、単糖が数個つながった糖類の総称です。

 

総称ということからわかる通り、オリゴ糖にも様々な種類があります。

 

ヒトはオリゴ糖を分解する消化酵素を持っていないので、経口摂取したオリゴ糖は消化・吸収されることなく大腸まで届きます。

 

大腸まで届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなり活性化を助けます。

 

つまり、オリゴ糖にはビフィズス菌の繁殖を助ける効果があるのです。

 

オリゴ糖を摂ることで、腸内のビフィズス菌が増えたことを確認した実験、便通がスムーズになったことを確認した実験などもあります。

 

ビフィズス菌を活性化したい方は、ビフィズス菌サプリと一緒にオリゴ糖を摂るとよいでしょう。

 

身近なところでは、タマネギやゴボウなどの食品にオリゴ糖は含まれています。

 

BB536にはミルクオリゴ糖がオススメ

ビフィズス菌BB536を配合したサプリを利用したい方は、一緒に摂るオリゴ糖にもこだわると良いかもしれません。

 

ヒトと同じようにビフィズス菌にも好みがあるといわれているからです。

 

つまり、ビフィズス菌とオリゴ糖に相性があるといわれているのです。

 

乳児から発見されたビフィズス菌BB536と相性が良いといわれているのがミルクオリゴ糖です。

 

ミルクオリゴ糖は、母乳(ミルク)に含まれる乳糖から作られるオリゴ糖です。

 

別名をラクチュロースといいます。

 

母乳に含まれることからわかる通り、乳糖は赤ちゃんにとって重要な糖です。

 

消化・吸収されることなく腸まで届き、ビフィズス菌の増殖を助けるとされています。

 

具体的には、赤ちゃんの腸内に生息するビフィズス菌が乳糖を分解して酢酸を作ることで、腸内を酸性に保ち悪玉菌の増殖を防ぎます。

 

乳糖の働きにより、赤ちゃんの腸内に生息する腸内細菌に占めるビフィズス菌の割合は95%まで高まるといわれています。

 

腸内に生息するビフィズス菌の増殖を助ける働きを持つミルクオリゴ糖は、プレバイオティクスの代表といわれています。

 

プレバイオティクスとは、消化管上部で分解・吸収されることなく、大腸に生息する善玉菌の繁殖を助け、腸内環境の改善と健康増進に役立つ食品のことです。

 

ビフィズス菌BB536とミルクオリゴ糖を一緒に摂ることで、ビフィズス菌BB536の働きを高めることが出来ると考えられます。

 

最近では、これら二つを配合したサプリが登場しているので、興味のある方は試してみると良いでしょう。

 

継続が必要なサプリだからキャンペーンで賢く購入

スッキリしたい方は、ビフィズス菌サプリを利用してみてはいかがでしょうか。

 

ビフィズス菌BB536とミルクオリゴ糖を一緒に配合したサプリであれば、気持ちの良い朝を迎えられるはずです。

 

ビフィズス菌サプリを利用するときは、継続することが重要です。

 

生きたまま腸内に届くビフィズス菌も、そのまま定着することはできないといわれているからです。

 

摂り続けることで少しずつ腸内環境を改善していきましょう。

 

継続するときに気になるのがサプリの価格です。

 

負担が大きすぎると、どれだけ実感できても続けることはできません。

 

そこでオススメなのが、キャンペーンを用意しているサプリです。

 

ビフィズス菌サプリの中には、お得に購入できるキャンペーンを開催しているところがあります。

 

このようなサプリを選べば、負担を減らしながら効果を確かめることができます。

 

キャンペーンの内容は、利用するビフィズス菌サプリにより異なります。

 

初回のみ○○%オフなどの商品もあれば、定期購入で○○%オフなどの商品もあります。

 

ビフィズス菌サプリは継続しないと実感できないことが多いので、定期購入で○○%オフなどのキャンペーンを開催しているところが多いです。

 

いきなり定期購入は不安かもしれませんが、数カ月は続けないと効果を確かめられないのでキャンペーンがあるなら定期購入をしましょう。

 

定期購入を選んでも解約や変更はできます。大きなデメリットはないので、賢く購入したい方はビフィズス菌サプリのキャンペーンを利用しましょう。

 

キャンペーンを利用するときに注意したいのが購入する店舗です。

 

ほとんどの場合、キャンペーンは特定の店舗のみで開催されています。

 

同じ商品を購入しても、キャンペーンを開催していない店舗では定価で購入しなければなりません。

 

基本的に、キャンペーンは公式サイトで開催しています。

 

ビフィズス菌サプリを購入する方は、最初に公式サイトからチェックすると良いでしょう。

 

他店からチェックすると、開催されているキャンペーンを利用できず損をする可能性があります。様々な店舗をチェックしたい方も、まずは公式サイトから訪れましょう。

 

まとめ

ビフィズス菌サプリを利用すれば、腸にビフィズス菌を届けることができます。

 

ビフィズス菌には、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を防ぐ働きがあります。

 

また、ビフィズス菌が作り出す酢酸には腸の蠕動運動を活発にする働きもあります。

 

これらの働きで、スッキリを助けるとされています。

 

サプリに配合されているビフィズス菌はヒト由来と動物由来に分かれます。

 

一般的に、ヒト由来のビフィズス菌の方が馴染みが良いと考えられています。

 

ヒト由来のビフィズス菌の中でも、特に信頼性が高いとされているのがビフィズス菌BB536です。

 

酸に強く生きたまま腸まで届く点が特徴です。

 

ビフィズス菌BB536と相性が良いといわれているのがミルクオリゴ糖です。

 

ミルクオリゴ糖には、ビフィズス菌のエサになり繁殖を助ける働きがあります。

 

ビフィズス菌BB536とミルクオリゴ糖を一緒に配合したサプリがあるので、興味のある方は試してみるとよいでしょう。

 

公式サイトのキャンペーンを利用すればお得に購入することができます。

 

賢くビフィズス菌サプリを利用したい方は、公式サイトからチェックしてみてはいかがでしょうか。