一週間出ないことが当たり前だった私が快便になった方法

一週間出ないことが当たり前だった私が快便になった方法

私自身が便秘に悩まされたのは30歳で結婚をしたばかりの頃でした。

 

当時は夫の転勤により、知らない土地で暮らし始めたばかりで、毎日家に引き篭もっていました。

 

出掛けるのは週に1回か2回程でスーパーへ買い物に行くくらいでした。

 

運動も全くしませんでしたし、毎日食べては寝ての繰り返しでした。

 

夫がかなりの大食いのため、料理はかなりたくさん作っていました。

 

栄養なども考えたくさんの野菜を利用していましたし、栄養バランスは良かったと思います。

 

夫に合わせて私もかなり食べていました。

 

夫は毎日快便で朝と夜に1回ずつトイレに行っていましたが、私はまったく出る気配がなく一週間でないときはさすがに不安になり、トイレにいき、力んでなんとか少し出るくらいでした。

 

その便はかなり硬く色も黒いものでした。

 

あんなにたくさんの料理を食べているのに、便が全くでないなんて私のお腹の中は一体どうなっているのだろうと不安を感じた私はネットで便の状態を調べてみました。

 

結果は最悪な便の状態のようで、どんどんお腹の中に溜まっていく便は水分を吸収され固まってしまい、固まった便は出すことで毒素を排出できるのに、排便できないため体の中に毒素が出てしまっている状態になっていたらしいのです。

 

そういえば顔も吹き出物が増えて、夫にはなんか体臭がするようになったと言われていました。

 

結婚してからお腹もパンパンで5キロは体重が増えていたのではないかと思われます。

 

生活環境が悪いのと、お腹の中の環境が最悪すぎて便秘になってしまったようでした。

 

このままではいけないと思った私がしたことは、腸内環境を良くしなければいけないということでした。

 

便秘解消にいいとされることは、ほぼしていなかったのでまずは夜にウォーキングを始めました。

 

運動が大嫌いなので、できる運動といえばウォーキングでした。

 

夜歩くのが面倒な時は、買い物せずにショッピングモールを歩くことでウォーキングになるのでよくお出かけをするようにしました。

 

他には毎日朝にバナナヨーグルトを食べるようにしました。

 

便秘といえばバナナとヨーグルトという発想で食べ始めました。

 

バナナは食物繊維豊富ですし、ヨーグルトは腸内環境にいいのでかなりおすすめです。

 

でも私が一番効果を感じたのは食べるヨーグルトよりも飲むヨーグルトでした。

 

よくCMなどで一本飲むだけで腸に菌が届くと言っているので、試しに飲んでみるとその日のうちにスムーズに便がでたのです。

 

これは効果があると感じ、それから毎日飲み続けました。

 

するとあれほど便秘体質だった私がいつの間にか2日に1回は便がでるようになったのです。

 

運動も大切ですが、やはり腸にはいい菌を増やすことが大切なようです。

 

便秘が改善されると体も軽くなるし、吹き出物も減るしなんだか気分もよくなりますので、便秘に悩んでいる方は腸内環境の改善をおすすめします。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる