便秘薬の依存症は怖い・・・

便秘で悩んでいる方って本当に多いと思います!

 

お腹が張って苦しくなったり、便秘で腸内環境が悪化するため肌荒れを引き起こしたり・・・便秘って本当に厄介ですよね~。

 

人によって症状の度合いは様々だと思いますが、ヨーグルトを食べたり、食物繊維の多い食品を積極的に摂ると改善する方というのは、比較的軽いほうだと思います。

 

問題なのは、慢性的な便秘の方

毎日トイレで長い間粘ってもすっきりしないから、ついつい便秘薬に頼ってしまうという方が多いと思います。

 

しかし、この便秘薬の使い方を間違えると大変なことになってしまうということをご存知でしょうか?

 

まず、便秘薬を使う頻度を間違えてはいけません。

 

一般に売られている市販の便秘薬は、刺激性下剤と呼ばれるもので、腸壁を直接刺激して、便を排泄するものです。

 

刺激の強いものですので、長期間の使用はおすすめ出来ません。腸壁が剥がれてしまうからです。

 

ですが、便秘薬を使って排泄するのに体が慣れてしまうと、自力での排泄がなかなか難しくなってしまう場合があります。

 

これが、「便秘薬依存」です!

 

人間は本来、自力で腸を蠕動運動させて、便とともに有害物質を身体の外へ排出する働きを持っています。

 

ですが、薬で無理やり腸の蠕動運動を起こすことが多くなればなるほど、腸は自力での働きを忘れて行くのです。

 

便秘薬依存症になってしまうと、自力での排泄が難しくなるだけではなく

 

腸壁もボロボロになってしまい、さらに重大な病気を引き起こしかねません。

 

便秘薬は使ったとしても、1日1回の2~3日間の使用が限度だと思います。

 

それ以上、お使いの場合は「便秘薬依存症」になっている場合もありますので、自分で気づき、控えるようにしましょう。

 

まずは、自力で出すことにチャレンジすることが一番大切です!