風邪薬と便秘薬の併用っていいの?

皆さんは、市販の薬って良く飲まれますか?

 

風邪薬や便秘薬、頭痛薬など実にさまざま薬が売られていますね~。

 

実は、この市販薬。飲み間違いや併用しても問題ないような成分で作られているんですって!

 

ですから、市販の風邪薬に関して言えば、便秘薬と併用しても問題ないと思います。

 

その際は、少し時間をずらして飲みましょう。

 

少し時間をずらす意味とは?

風邪薬と便秘薬を飲む時間を、1時間ほどずらせば胃の中で溶けてしまうので特に大きな問題はないかと思います。

 

一緒に飲むと、胃への負担も大きいので、薬を飲むとよく胃がキリキリしてしまうという方はきちんと間を空けて飲むようにしましょう。

 

ただし、医師から処方された薬の場合は、飲み合わせが良くないこともあります。

 

ですので病院で一緒に便秘薬を処方してもらうか、市販の便秘薬を薬剤師に見せて飲み合わせを確認してもらうようにしてください。

 

そうすれば、大きな問題も起きることなく安心できると思います。

 

風邪薬の中には、副作用で便秘を引き起こすことがありますので、普段は便秘しなくても、風邪の時に限って便秘になるという人もいらっしゃるかもしれません。

 

これは、風邪薬の中に含まれる咳止めの成分、リン酸ジヒドロコデインが原因になっているといいます。

 

リン酸ジヒドロコデインは、脳に作用して腸の蠕動作用を弱めてしまうという働きがあるのです。

 

その上、食欲もなくなって、便を形成する腸の内容物も減るために余計に便秘を引き起こしてしまうというのです。

 

まずは、食物繊維が多く含まれている食品や水分を積極的に摂ったりして自然な形で排泄できるように試してみてください。

 

それでも、お腹が張るなどして苦しいのならば、便秘薬の併用をしても問題ないと思います。