胃薬と便秘薬は併用していいの?

近年、胃痛と便秘は現代人の身体の悩みのベスト5に入るのではないでしょうか?

 

私自身、この二つには長年悩まされてきました。

 

なるべくなら、自然の力で直したいですが、慢性的なものになっているのでなかなか治りません。

 

そこで、ついつい薬に頼ってしまいます。皆さんの中に、そんな方らっしゃると思います。

 

ですが、そこで気になるのが・・・胃薬と便秘薬は併用していいの?ということです。

 

出来ることなら、両方服用して楽になりたいですよね~。

 

そこで、今回は「胃薬と便秘薬の併用」についてお話しします。

 

胃薬と便秘薬の併用

基本的には胃薬と市販の便秘薬の併用は問題ないと思います。

 

市販の薬は、飲み合わせを間違えても大丈夫なように作られているとのことですので・・・。

 

ただし、酸化マグネシウムが主成分の便秘薬を飲んだ場合は、、胃薬の成分にも注意を払わなければなりません。

 

胃薬に添付されている成分表を見てきちんと確認してみてください。

 

成分の中にマグネシウム剤が含まれてるものは、便秘薬のマグネシウムとは違う形のものですが量を摂りすぎるとお腹がゆるくなってしまうことがあります。

 

なので、マグネシウムは摂取量に気を付けなければなりません。

 

酸化マグネシウムを飲んで、便がゆるくなってしまう場合は、医師や薬剤師に相談して量を調節しましょう。

 

下痢で、溜まっていた便を出すことはよくりません。すんなりだすために飲むのです。

 

それに加えて、胃痛と便秘薬を併用する場合は、二つの服用時間を3~5時間ほどあけたほうが良いと思います。

 

そうすることで、それぞれの薬の効果もきちんと発揮できますし、胃への負担もかかりにくいからです。

 

食生活や、日頃の生活習慣を見直しながら自然に治るように心がけて、その中で薬を上手に使用しましょう!