便秘薬って併用していいの?

 

どうしても便秘を治したい!と、便秘薬を飲んだけど・・・期待した効果がない。

 

もうお腹が張って辛いから、他のメーカーの薬を飲んでしまいたい!という経験があった方もいらっしゃることでしょう。

 

でも、便秘薬の併用っていいのでしょうか?身体への影響が気になるところですよね。

 

そこで、今回は「便秘薬の併用」をテーマにお話ししていきましょう。

 

便秘薬を長期間使用すると、便秘薬なしではお通じがこなくなってしまいます。
よって、便秘薬に頼るのではなく「便秘薬なしで出せる腸」を作ることです。

 

そんな腸内環境を作るには「オリゴ糖」を摂取するようにしましょう。
>>おすすめのオリゴ糖はこちら

 

併用してこそ効果が発揮される便秘薬がある

下記の便秘薬は単体では充分な効果が得られないので、直接大腸に入り刺激をする「刺激性便秘薬」とよく併用されます。

 

「湿潤性便秘薬」・・・腸の表面張力を低下させて、腸内の便に水分を含ませることで排出をしやすくする
「膨潤性便秘薬」・・・プランタゴ・オバタなどの成分を用いて、腸内の便に水分を含ませて膨張させる

 

軽めの便秘やお腹の張りは、湿潤性便秘薬や膨潤性便秘薬で十分な効果を得ることができると思いますが、何日も続く頑固な便秘はそれだけでは効きません。

 

なぜなら、それらの効果は2~3日の間飲み続けなければなかなか大きな効果は期待できないからです。

 

そこで、刺激性の便秘薬を飲んで、直接腸壁を刺激することによって、便を排出するということが必要なのです。

 

同時に、多種の便秘薬を服用するのはNG

お腹がすっきりしないからと言って、同時に複数の便秘薬を服用するのはやめてください。

 

と言っても、同時に飲むことはなかなかないと思います。

 

ですが、ここで気を付けた方が良いのは飲む時間です。

 

便秘薬を飲んで、1時間後効き目がないからと言って違う便秘薬を飲んではいけないということです。

 

なぜなら、薬の効き目は8~12時間後に現れますので、複数の薬が同時に腸を刺激することになり身体に負担がかかってしまうのです。

 

>>即スッキリできる! おすすめの便秘茶ランキングを見てみる

>>【モニター価格380円】モリモリスリムのホームページを見てみる