便秘を改善するお茶・悪化させるお茶まとめ

便秘に効くお茶・効かないお茶まとめ

普段何気なく飲んでいるお茶。

 

そのお茶の種類によっては、便秘を悪化させているものがあることをご存知ですか?

 

今回は便秘解消に効果的なお茶・逆に悪化させてしまうお茶をそれぞれご紹介させていただきます。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる

 

お茶によって効果が違うのはなぜ?

さて、具体的なお茶の種類を紹介させて貰う前、なぜお茶によって改善したり悪化したりするのかを紹介します。

 

それはずばり、お茶に含まれる「カフェイン」の働きによるものなのです。

 

カフェインには利尿作用があり、摂取することで体内の余分な水分の排出をサポートしてくれます。

 

この働きが便秘には逆効果になってしまうのです。

 

便秘中は、うんちの水分が少ない状態になっていることが多いです。

 

その状態のうんちから、さらに水分を奪ってしまうことで便が固くなってしまいます。

 

これによって便秘がさらに悪化してしまうということです。

 

では、これから紹介するお茶に関しても「カフェインの有無」を気にしながら見ていただければと思います。

 

便秘解消に逆効果なお茶

 

緑茶

日本のお茶といえば、緑茶を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

この緑茶ですが、カテキンやミネラルなど様々な栄養を含んでいるのですが、カフェインも多分に含んでおります。

 

よって、1杯から2杯飲むのは問題ないのですが、便秘で悩んでいるときは飲み過ぎないようにしましょう。

 

烏龍茶

烏龍茶には脂肪の九州を抑制する作用や脂肪の分解を促進する作用があります。

 

最近はこの機能をさらに凝縮させた「黒烏龍茶」が話題ですよね。

 

この烏龍茶ですが、カフェインを多く含むために便秘を悪化させてしまう可能性が高いです。

 

よって、便秘を解消したい!と思っているときはあまり飲み過ぎないようにしましょう。

 

便秘解消に効果的なお茶

 

プーアル茶

日本でも一般的に飲まれるようになってきたプーアル茶。

 

このプーアル茶には整腸作用があり、腸の働きを改善してうんちが出やすくするという効果があります。

 

また、血行促進の効果もありますので、冷え性によって腸の働きが悪くなっている場合にも効果的です。

 

なおプーアル茶にもカフェインはありますが、緑茶・烏龍茶と比べるとごく少量です。

 

気になる方はよりカフェインの少ない古いプーアル茶を飲まれることをオススメいたします。

 

黒豆茶

今まで紹介したお茶と違い、茶葉で作られていないお茶が「黒豆茶」です。

 

こちらはカフェインを含んでいませんので、妊婦さんやお子さんなども安心して飲むことが出来ます。

 

また、黒豆には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。

 

これによりホルモンバランスを整えるという効果も期待できます。

 

まとめ

以上、便秘に効くお茶・効かないお茶をご紹介させていただきました。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる