便秘薬を連続して服用するのはやめましょう!

便秘になると、お腹のあたりがなんだかすっきりしなくて気持ち悪い!早く出したい~と思いますよね?

 

薬に頼ってみたけど、全然でない~なんて、思っているあなた!

 

薬を飲んでから、何時間経っていますか?便秘薬は、飲んですぐに効果が発揮されることはありません。

 

その目安は、大体8時間ごと言われています。ただし、個人差がありますので、大体8~12時間後には何かしらの体調の変化があると思います。

 

ここで一番気を付けていただきたいのが、効果がないからと言って、連続して何錠も飲まないということです。

 

効果がないのではありません。腸にきちんと作用するように、錠剤が運ばれている時間なのです。

 

刺激性の便秘薬の場合、きちんと薬が消化されると、お腹が痛くなる・お腹がごろごろいうなのど効果は出てきます。

 

ですから、1日1回の規定をきちんと守って服用するようにしましょう。

 

また、短時間の間に何錠も服用するのではないにしろ

 

ずーっと便秘薬を連続で使用するのも、よくありません。たいてい2~3日が限度だと思います。

 

なぜなら、便秘薬の連続使用は、身体にさまざまなダメージを与えるからです。

 

便秘薬を連続使用することによって、身体は便秘薬なしでは排泄しにくくなってしまいます。

 

自力でお尻に力を入れて、排泄するというのがポイントなのですが、便秘薬では力まなくても勝手に出てきてしまうからです。

 

それに加えて、市販の便秘薬はとても刺激が強いので、連続使用は腸壁をボロボロにしかねません。

 

ですから、常用するのはよくないと思います。

 

刺激の強い、お腹を下すような便秘薬は、気軽に使うというよりも、最後の手段としてどうしても辛いときに使うことをおすすめします。