便秘薬を飲んで下痢になるのはどうして?

便秘薬を飲んで下痢になるのはどうして?

皆さん、便秘薬を飲むとどんな症状が出ますか?

 

私の場合、お腹が痛くなったり、便秘どころかひどい下痢になったりと、薬を飲んですっきりする前にはちょっとつらい症状が待っています。

 

だから、どちらにしてもつらいです。

 

さて、ところで便秘で悩んでいたのに、薬を飲むとなぜ今度は下痢に悩まされてしまうのでしょうか?

 

それには、市販されている便秘薬が「刺激性便秘薬」という、痛みを伴うタイプのものだからです。

 

「痛いのは嫌だな・・・」という方には、ハーブ配合で自然に便秘を解消してくれる「モリモリスリム」がおすすめです。

 

>>ハーブで便秘をスッキリ。 2016年一番売れた便秘茶を見てみる

 

便秘薬を飲んで下痢になる理由

一般的に市販の便秘薬は、「刺激性便秘薬」と呼ばれるもので、とても刺激が強いのです。

 

これは、大腸に直接刺激を与えて便秘になって溜まっていた便を、薬によって下痢にして身体の外に排出するのですから、

 

どうしても痛みを伴ってしまうことが多いのです。

 

ただし、便秘薬を飲むと必ず下痢になってしまうのではありません。

 

一番の理想は、下痢にならずにすんなりと便を出すことなのです。

 

ですから、自分に合った便秘薬を探すことをおすすめします。

 

さまざまな種類の便秘薬がありますが、マグネシウムや整腸剤が配合された便秘薬は、腸内の便に含まれる水分量を増やして、便を柔らかくすることで排出します。

 

これにより痛みを伴うことが少なく、下痢も引き起こしにくいのでおすすめです。

 

ただし、効果が緩やかなので、お腹の張りを伴うようなひどい便秘の場合は、効き目が薄いかもれません。

 

ただし、長期間服用しても問題ないので、便秘予防にはもってこいだと思います!

 

また、漢方薬も身体への負担が少ないので、便秘の症状が軽めの場合は良いと思います。

 

他の薬を飲んでいる際も、併用しても大きな問題もありませんしね~。

 

どちらにしても、下痢になるのは当たり前のことではないので、薬剤師や医師に相談しながら自分に合う便秘薬を探してみてくださいね!

 

痛みなく、すっきりされるといいですね。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる

あなたの便秘薬を飲む頻度…大丈夫ですか?

何日も便秘をしているからお腹が張って苦しい!肌荒れがひどいからすっきりさせたい!

 

ということで、便秘薬を一時的に使うことは、身体にとっては良いことだと思います。

 

腸内に、便のような有害物質をいつまでも溜めておくのは、あまり良いことではありませんので・・・。

 

ですが、便秘薬を使用する際に一番気を付けなければいけないのが・・・「飲む頻度」です。

 

皆さん、すっきりするからと言ってついつい便秘薬に頼り過ぎていませんか?それは、とても危険なことなことなんですよ~。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる

 

便秘薬を飲む頻度

便秘薬は、いくつか種類に分けることが出来て、その作用によって服用できる回数も変わってきます。

 

例えば、「湿潤性便秘薬」のように水分を浸透させて便を柔らかくするタイプの薬であったり、整腸剤の成分が含まれている便秘薬ですと、効果は緩やかですが、腸にかかる負担も少ないのでわりと長い間飲み続けることができると思います。

 

ですが、一般に売られている便秘薬のほとんどが「刺激性便秘薬」というタイプで腸内に直接刺激を与えて便を排出させるタイプですので、服用に伴って痛みや、腸壁に強い刺激が加わることになります。

 

このようなタイプは、1日1錠、2~3日間使うのが限度だと思います。

 

長期間使い続けると、腸壁は度重なる強い刺激によってぼろぼろになってしまいますし身体が自力で排便するという機能を失ってしまい、便秘薬に頼らないと排泄できないなんてことも引き起こします。

 

便秘薬なしでは普通の生活が送れなくなるなんて嫌ですよね。

 

ですから、便秘薬に頼りすぎずに、食生活の見直しや水分補給、適度な運動などさまざまな要素を組み合わせて便秘を解消することが一番なのです。

 

>>頑固な便秘の人も翌朝ドッサリ!おすすめのお茶を見てみる