便が「臭う・臭い」時は、どんな健康状態?

「くっさ~い」だったら・・・

健康なうんちは、それほど強いにおいがしないと言われています。

 

なぜなら、うんちの臭いはいわゆる「悪玉菌」が主な原因となって発生しているからです。

 

悪玉菌の大好物は、たんぱく質です。

 

タンパク質が悪玉菌によって分解されると、アンモニア・硫化水素・インドール・メルカプタン・・・といった物質を発生させます。

 

これらの物質こそ、うんちのいや~な臭いの正体なのです。

 

つまり、腸内環境が整っていて善玉菌が優位に立っていればそれほどうんちは臭わない、ということになります。

 

逆に、悪玉菌が優位に立っていれば悪臭を放つ物質がたくさん産生されてしまい、くさ~いうんちとなるのです。

 

悪玉菌の中には、コレラ菌など下痢を引き起こすような危険な菌も含まれます。

 

そのため、うんちの臭いがいつもと違って、とっても臭い!と思ったら、もしかすると病原菌が腸の中で繁殖している危険性もある、ということなのです。

 

そんな時は、腸内環境を改善して善玉菌を活性化できるオリゴ糖を飲むのがおすすめです。

 

 

「しゃばしゃば」うんちや「ふにゃふにゃ」うんちといった水分を多く含んだ柔らかいうんちが出ていて、加えていつもと違った激しい臭さ・刺激臭がするときは注意が必要です。

 

どぶのような臭い・腐ったような臭いがする時は食中毒を起こしていることがあります。

 

また、大腸炎などでもおかしな臭いになることがあります。

 

こういった場合は、早めに病院で診察を受けましょう。

 

また、うんちの臭いは、食べた物によっても変わることがあります。

 

近年では食の欧米化が進んでいるため、結果的にタンパク質を多く摂りすぎている場合があります。

 

そのため、昔の質素な食事をしていた頃の日本人のうんちより、現代の日本人のうんちのほうが臭いという説もあります。

 

それはつまり、野菜や穀類中心の健康的な食事を心掛けることである程度うんちの臭いを抑えることができるということです。

 

あるいは単純に、ニンニクなど臭いの強い食品を食べすぎて、その臭いがそのままうんちに出てくることもあります。

 

これについては、病気ではありませんので、心配する必要はありません。

 

総じてうんちの臭いがきつい場合、健康状態が悪くなっていることが多いと考えられます。

 

いつもと違う臭いが続いたら、それはうんちから発せられる危険信号かもしれません。

 

数日間続いたり、体調が悪くなったりしたら早めに病院で診てもらいましょう。